人形佐七捕物帖 (若山富三郎版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人形佐七捕物帳 > 人形佐七捕物帖 (若山富三郎版)

人形佐七捕物帖』(にんぎょうさしちとりものちょう)シリーズは、横溝正史の小説『人形佐七捕物帳』を若山富三郎主演で映画化したものである。新東宝で5作、若山が移籍した東映でも6作が作られた。

シリーズ[編集]

新東宝作品[編集]

音楽を担当した渡辺宙明は、本作品で初めて映画音楽を手掛けた[1]。監督の中川信夫は『禁じられた遊び』や『第三の男』からのイメージで渡辺にギターのみでの劇伴を要望し、渡辺はギター6人とヴィブラフォンによる編成でこれに応えた[1]。以後、渡辺は中川作品の常連となり、また他の監督からも注目されるようになったという[1]

東映作品[編集]

  • 1960年3月8日:般若の面
  • 1960年3月22日:くらやみ坂の死美人
    • 監督:山崎大助、脚本:結束信二
    • 出演:大川恵子、大泉滉、中里嘉津子、徳大寺伸、黒川弥太郎
  • 1960年7月31日:血染の肌着
    • 監督:山崎大助、脚本:結束信二
    • 出演:大川恵子、大泉滉、原健策、久我恵子、黒川弥太郎
  • 1960年8月24日:ふり袖屋敷
    • 監督:山崎大助、脚本:結束信二
    • 出演:大川恵子、大泉滉、徳大寺伸、原健策、黒川弥太郎
  • 1961年8月1日:恐怖の通り魔
  • 1961年8月13日:闇に笑う鉄火面
    • 監督:倉田準二、脚本:結束信二
    • 出演:円山栄子、大泉滉、徳大寺伸、坂東吉弥、山本操子

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「スーパー戦隊制作の裏舞台 渡辺宙明」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1980 電子戦隊デンジマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年7月25日、33頁。ISBN 978-4-06-509608-6。