人気者で行こう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
人気者で行こう
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1984年4月 - 6月
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース 高垣健
サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続・3週連続・通算6週、オリコン
  • 1984年度年間3位(オリコン)[1]
サザンオールスターズ アルバム 年表
原由子 with サザンオールスターズ
1983年
人気者で行こう
(1984年)
KAMAKURA
1985年
『人気者で行こう』収録のシングル
テンプレートを表示

人気者で行こう』(にんきものでいこう)は、サザンオールスターズの7枚目のオリジナル・アルバム1984年7月7日にCDとレコードで発売。発売元はタイシタレーベル

1984年7月21日1998年5月22日2008年12月3日にはCDとして再発売がなされ、1989年6月25日にはCDとカセットテープが再発売されている。また、2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[2][3]

背景・制作[編集]

音楽シーンとしては、1983年からシンセサイザーによるデジタルの波が訪れた頃であり、サザンオールスターズも例外ではなかった。前作『綺麗』からシンセサイザー・サウンドを使用しており、本作もデジタルなサウンド生かした作品となっている[4]

リリース[編集]

歌詞カードは桑田佳祐による直筆のものである。1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(いわゆる紙ジャケット)仕様で、爆笑問題太田光によるライナーノーツが封入されており、漫才調で書かれていた。

再発売[編集]

批評・チャート成績[編集]

日本版『ローリング・ストーン』誌が2007年に選定した「日本のロック名盤100」では、32位にランクインしている[5]

1984年のオリコン年間アルバムランキングでは、1位にマイケル・ジャクソンの『スリラー』、2位にアメリカの映画『フットルース』のサントラ盤、3位に本作がランクインしており、邦楽としては事実上1位となっていた[1]

受賞歴[編集]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では7曲目からがB面となっていた。
  1. JAPANEGGAE (ジャパネゲエ) (4'03)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ & 矢口博康
    タイトルの「JAPANEGGAE」とは「JAPAN」+「REGGAE」の造語である。歌詞では古語が使われており、「愛苦ねば」と「I could never」などの言葉遊びも用いられている[7]
    この後発売された21枚目のシングル「Tarako」のカップリング曲として、同曲の全英語詞版「Japaneggae (Sentimental)」が収録されている。
    松田弘のお気に入りのナンバーで、サザンは和洋折衷な表現をする事をカッコ悪いと思っていない事と、桑田の楽曲に対してのバランスの取り方を絶賛する発言をしている[8]
  2. よどみ萎え、枯れて舞え (3'51)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞中に登場する「愛倫浮気症(アイリン・フーケ・ショウ)」とは桑田による造語である。
  3. ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY) (4'59)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:新田一郎
    20枚目シングル。
  4. 開きっ放しのマシュルーム (3'46)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ & 矢口博康)
    当時の世界情勢を下敷きにしたメッセージ性のある歌詞と桑田のシャウトの組合せの楽曲。アメリカンコミック風のイメージビデオも製作された。
    なおこの曲は日本のロックバンドPINKの楽曲を聴いた桑田がいたく感動し彼らにリスペクトした曲。
  5. あっという間の夢のTONIGHT (2'55)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞は「愛されんだあ」と「I Surrender」など言葉遊びが用いられている。
  6. シャボン (3'56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:八木正生
    原由子ボーカル曲。また、1984年に長山洋子がカバーした。
  7. (4'12)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:新田一郎
    元は「萎えて女も意志を持て」のB面として、桑田がジューシィ・フルーツに提供した曲であり、そのセルフカバーである。
    本来は「ミス・ブランニューデイ」ではなく、こちらがシングルになる予定であった。発売間近になってシングルが差し替えられた[7]1990年芳本美代子がカバーした。
  8. 夕方 Hold On Me (4'11)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:新田一郎)
    タイトルの「夕方」=You've gottaをはじめ、英語との言葉遊びがふんだんに使われている[7]
  9. 女のカッパ (3'44)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    ジャズ色が極めて強いナンバー。
  10. メリケン情緒は涙のカラー (4'23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞冒頭に登場する“エノケン”とは昭和初期に活躍した喜劇俳優榎本健一、“ロッパ”とは同じく古川緑波のことである[7]。その他YokohamaChina Town産業道路BUND HOTELなどが登場し、横浜を舞台にしたストーリーになっている。
  11. なんば君の事務所 (2'53)
    (作曲:大森隆志/編曲:サザンオールスターズ & 藤井丈司
    シングル「ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)」のカップリング曲。
  12. 祭はラッパッパ (2'24)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ & 藤井丈司)
    ファンクナンバー。
  13. Dear John (3'18)
    (作詞:桑田佳祐/作曲:桑田佳祐、八木正生/編曲:八木正生)
    ジョン・レノンを追悼した曲であり、歌詞中に「Strawberry Fields」「No Reply」「Love」などジョンにちなんだ言葉が登場する[7]
    Bye Bye My Love」のカップリングにアレンジが若干異なるライブバージョン(ツアーライブ『大衆音楽取締法違反』の音源)を収録。

参加ミュージシャン[編集]

Special Guests[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p36
  2. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  3. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  4. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p35-37
  5. ^ 『ローリング・ストーン日本版』(2007年9月号)インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
  6. ^ 第26回日本レコード大賞 日本作曲家協会 2020年7月10日閲覧
  7. ^ a b c d e 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p117
  8. ^ 『人気者で行こう』は、今からでもグラミー賞に推薦したいほどのMasterpieceである。 otoCoto

関連項目[編集]