人生の楽園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人生の楽園
ジャンル ドキュメンタリー番組
ナレーター 西田敏行菊池桃子(「楽園の案内人」名義)
オープニング 徳永暁人「PARADISE OF LIFE」
エンディング 谷村新司「Heart in Heart」
製作
プロデューサー 岡本基晃(テレビ朝日)、岡部太司
Vivia
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
番組開始から2001年3月まで
放送期間 2000年10月7日 - 2001年3月31日
放送時間 土曜 18:00 - 18:28
放送分 28分
2001年4月から
放送期間 2001年4月7日 -
放送時間 土曜 18:00 - 18:30
放送分 30分

人生の楽園』(じんせいのらくえん)は2000年10月7日からテレビ朝日系列で放送されているドキュメンタリー番組である。2006年1月7日放送の1時間新春スペシャルよりハイビジョン制作となっている。

番組概要[編集]

全国の、主に50代以上の夫婦が、UターンIターンをして、店を経営したり農業を営んだりと「新しい生き方」、つまり第二の人生を歩む姿を、周囲の人々との交流を交えて描く。単純なスローライフリタイア生活ではなく、新しいビジネスや町おこしといったポジティブな仕事に取り組む人々を中心に取り上げている。主に地方の人々が登場するが、東京など都市部を取り上げることもある。

番組の冒頭では男性ナレーター(いかりや長介→西田敏行)による「今週は何かいいことありましたか。私ね、思うんですよ。人生には楽園が必要だってね」というフレーズの後、その週の内容がテーマ曲に乗せて紹介される(いかりやから西田に交代するまでの間は伊藤蘭がフレーズを語っていた)。

番組エンディングのコーナー「楽園通信」では、土地の名産や、登場した夫婦が運営する店へのアクセス方法(電話番号やウェブサイトURIなど)が紹介される。

また、朝日新聞夕刊にてこの番組との連動企画「人生の楽園〜夢への道〜」が毎週木曜日に連載されており、連載の2日後に放送される内容を紹介している。

2016年10月29日の放送回で、800回を達成[1]

放送時間[編集]

放送時間は毎週土曜日18:00 - 18:30(以降の時間表記はすべてJST、開始から2001年3月31日までは18:00 - 18:28)。BS朝日でも金曜日21:00 - 21:30に放送(地上波放送から1年以上たった内容)していたが、2010年3月末をもって一旦打ち切られた後、2014年10月3日より金曜日23:00 - 23:30、2015年4月5日から日曜日10:00 - 10:30に移動されたが同年9月6日に再度放送を打ち切り、1年半ぶりに2017年10月22日より日曜日10:25-10:55に再開したものの2018年4月1日に打ち切り。 地上波字幕放送実施(BS朝日では2007年10月より2010年3月の一旦打ち切りまで実施していたが、2014年10月より2015年9月までの間の放送では実施していない)。地上波では2016年11月19日放送より不定期で視覚障害者向けに解説放送も実施している。以前は2014年10月5日から同年12月20日まで(一部の回を除く)と2016年2月27日にも解説放送を実施していた。

2012年7月2日からは朝日ニュースター(現・テレ朝チャンネル2)でもテレビ朝日系列地上波で2009年以降に放送された回が字幕放送付で再放送を開始。同年8月6日からはテレ朝チャンネル(現・テレ朝チャンネル1)でも再放送を開始したが、2013年4月に朝日ニュースターがテレ朝チャンネルと統合してからは、テレ朝チャンネル2で月曜 - 金曜の15:00 - 15:55に放送されている。

在阪局朝日放送テレビ[注 1]は毎年8月上旬から下旬にかけて『全国高校野球選手権大会中継』を放送しているが、当日行われる全試合が地元・重要試合で18:00以降続いている場合は休止となり、当日分は翌週の同時間枠(もしくは別日に移行)に、その翌週以降の放送分は別日に移行して放送する。

2013年9月14日にはゴールデンタイムにまたがる初の2時間スペシャル(19:54まで84分拡大)を放送。2014年10月18日には、700回記念スペシャルを18:00 - 19:54に放送した。

一部地域では再放送を実施している。

ネット局[編集]

2018年4月現在
放送地域 放送局 系列/放送種別 放送日時 放送日の遅れ
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 土曜 18:00 - 18:30 【制作局】
北海道 北海道テレビ(HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
長野県 長野朝日放送(abn)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
近畿広域圏 朝日放送テレビ(ABC)[注 1]
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
富山県 北日本放送(KNB) 日本テレビ系列 水曜 15:55 - 16:25 遅れネット
山梨県 テレビ山梨(UTY) TBS系列 水曜 9:55 - 10:25
宮崎県 宮崎放送(MRT) 土曜 17:00 - 17:30
全国放送 テレ朝チャンネル2 CSデジタル放送 月曜 - 金曜
15:00 - 15:55

クロスネット局福井放送は未放送。

過去のネット局[編集]

放送地域 放送局 系列/放送種別 放送日時 備考
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 不明
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
不定期放送

日曜 7:30 - 8:00
[注 2]
全国放送 BS朝日 BSデジタル放送 不明

ナレーター[編集]

※画面上では「楽園の案内人」として表示している

  • 西田敏行
    • 2003年11月1日放送分よりナレーションを担当。
    • 放送回数が500回目迎えた2010年11月6日放送分はレポーターとして画面にも登場した(この回は栃木県茂木町を訪れた)。その後もスペシャル放送時には画面にも登場している。
  • 菊池桃子
    • 2009年1月4日(日曜日)放送の新春スペシャルからナレーションを担当。
    • 放送回数が500回を迎えたことを記念し、2010年11月13日(501回)放送分はレポーターとして画面にも登場した(この回は岐阜県恵那市明智町を訪れた)。その後もスペシャル放送時には画面にも登場している。
    • 2012年4月から2013年3月までは本番組終了直後に放送される『雑学家族』にもレギュラー出演しており、2番組連続で出演する形となっていた。

過去のナレーター[編集]

  • いかりや長介
    • 開始から2003年9月27日放送分まで担当(2003年6月 - 8月は、緊急入院・休養の為出演せず)。7月に退院後、復帰した最初の放送でのオープニングナレーションでは「今週は何かいいことありましたか。わたくしはつくづく思うんですよ。この場に戻れてよかったなって」という言い回しや「清潔・誠実,長生きするぞ!見てろー」(これは自分自身の過去の目標)という、いつもとは違うオープニングで登場。しかし、体調面の関係もあってか復帰から程なくして番組を勇退することになった。それから半年後の2004年3月20日、72歳でこの世を去った。
  • 伊藤蘭
  • 高井正憲
    • 当時テレビ朝日アナウンサー。いかりや休養中の3ヶ月間、及びいかりや降板から西田に交代するまでの繋ぎとして2003年10月の1ヶ月間を担当。

特別ナレーター[編集]

  • 綾小路きみまろ
    • 2015年4月4日放送分(通常放送)と翌4月11日放送分(1時間SP)のエンディングに出演。自身がレギュラー出演している『世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団』が双方の直後に放送されるため(前者は2時間半SP、後者は通常)、告知のため出演し、西田と共演した。なおこの時の『視察団』では、きみまろによる冒頭口上を「『人生の楽園』の後は、『スゴ〜イデスネ!!視察団』」と述べていた。
    • なお2016年3月26日放送の1時間SPが放送され、直後が『スゴ〜イデスネ!!視察団』2時間SPとなったが、この時はきみまろは当番組に出演せず、『スゴ〜イデスネ!!視察団』の冒頭口上は、「『人生の楽園』の後は」が無い通常版だった。また2018年9月1日放送分(通常版)の直後は『スゴ〜イデスネ!!視察団』2時間半SPとなったが、この時期はすでに『スゴ〜イデスネ!!視察団』の冒頭口上は既に廃止されていた。

使用曲[編集]

オープニング曲
テレビ朝日の番組ウェブサイトに記載されているアクセス方法を参照の上、テレ朝公式携帯サイトより着うたをダウンロードすることができる(テレ朝サウンドへの会員登録が必要)
エンディング曲
  • 谷村新司「ハーヴェスト」(番組開始 - 2007年3月31日、開始当初は一社提供トヨタのCMにもこの曲が使われていた)
  • 谷村新司「Heart in Heart」(2007年4月7日 - 現在)

スタッフ[編集]

過去のスタッフ[編集]

  • プロデューサー:掛下知恵子(テレビ朝日)、朝本香織(テレビ朝日)、森川俊生(テレビ朝日)、鈴木博(テレビ朝日映像)

スポンサー[編集]

番組開始当初はトヨタ自動車一社提供番組であったが、2009年4月4日放送分から同社を筆頭とする複数社提供となった。ただしスペシャル版の場合は、一社提供の時期も含み当初より複数社提供である。

番組開始当初から使用している、オープニング冒頭の「TOYOTA Presents」の画面表示は、2011年9月までの複数社提供時代も変更はされずにそのまま継続使用していた。

その後、トヨタがスポンサーから降板して2013年12月21日放送分からは同社以外の複数社提供となった。2014年1月18日放送分から複数社あるスポンサーの一社としてトヨタが復帰した。

書籍[編集]

  • The New Fifties 人生の楽園 - 新しい生き方の提案(講談社、2002年7月 ISBN 978-4-062-68380-7)
  • 人生の楽園(アーティストハウス、2006年4月 ISBN 978-4-862-34033-7)
  • 人生の楽園 いつか暮らしたい移住地(テレビ朝日、2015年3月14日 ISBN 978-4-881-31319-0)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2018年3月31日(本番組の2017年度最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。
  2. ^ かつて編成調整時の穴埋めとして不定期で放送され、2012年4月1日より日曜日7:30 - 8:00に番組販売扱いでレギュラー放送を開始したものの、途中打ち切り。2018年4月より宮崎放送でネット再開。
  3. ^ 2019年3月30日までは「VIVIA」と表記されたが、2019年4月6日からは社名ロゴをリニューアルのため、「テレビ朝日映像」と表記。

出典[編集]

テレビ朝日系列 土曜18:00 - 18:28枠
前番組 番組名 次番組
検証ドキュメンタリー ザ・スクープ
※17:30 - 18:28
【『スクープ21』と改題し、
日曜18:56 - 19:56に移動】
人生の楽園
2000年10月7日 - )
-
テレビ朝日系列 土曜18:28 - 18:30枠
ねっとパラダイス
※18:28 - 18:58
【2分繰り下げて継続】
人生の楽園
2001年4月7日 - )
-