人生はシネマティック!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人生はシネマティック!
Their Finest
監督 ロネ・シェルフィグ
脚本 ギャビー・チャッペ
原作 リサ・エヴァンス英語版
Their Finest Hour and a Half
製作 アマンダ・ポージー英語版
スティーヴン・ウーリー英語版
エリザベス・カールセン英語版
出演者 ジェマ・アータートン
サム・クラフリン
ビル・ナイ
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 セバスチャン・ブレンコー
編集 ルチア・ズケッティ英語版
製作会社 BBCフィルムズ
フィルム・ヴァスト英語版
フィルムゲート・フィルムズ
パインウッド・ピクチャーズ
ハンウェイ・フィルムズ英語版
リプケン・プロダクションズ
ナンバー9・フィルムズ英語版
ワイルドゲイズ・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 STXフィルムズ英語版/ヨーロッパ・コープ
イギリスの旗 ライオンズゲート
日本の旗 キノフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年4月7日
イギリスの旗 2017年4月21日
日本の旗 2017年11月11日
上映時間 117分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 世界の旗 $12,276,852[2]
テンプレートを表示

人生はシネマティック!』(じんせいはシネマティック、原題:Their Finest)は、2016年イギリスロマンティック・コメディ映画。監督はロネ・シェルフィグ、主演はジェマ・アータートンサム・クラフリンが務めた。本作はリサ・エヴァンス英語版2009年に上梓した小説『Their Finest Hour and a Half』を原作としている。

ストーリー[編集]

1940年ロンドン。ヨーロッパ中が戦争の波に呑まれていく中、イギリス政府は国民の士気高揚のためにプロパガンダ映画を製作することにした。女性ならではの視点を取り入れるために、政府は脚本家チームにカトリンを起用した。カトリンは画家である内縁の夫に馬鹿にされながらも脚本の執筆に取り組んでいた。彼女の才能は脚本家チームのリーダー、バックリーを大いに感動させた。

ダンケルクの戦いを題材にした映画を製作するにあたって、チャーンフォース警部補役で知られるベテラン俳優のアンブローズ・ヒリアードが起用されることになった。ナチス・ドイツによる空襲が頻発する中、カトリン、バックリー、ヒリアードらは凄まじい情熱をもって映画製作に取り組んでいった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2015年4月14日、BBCフィルムがジェマ・アータートン、サム・クラフリン、ビル・ナイを本作に起用するとの報道があった[3]。9月10日、ジャック・ヒューストン、ジェイク・レイシーらの出演が決まった[4]

2015年9月、本作の主要撮影がロンドンで始まった[5]。なお、本作の撮影はペンブルックシャーでも行われた[6]

公開[編集]

2015年5月、ライオンズゲートが本作の全英配給権を購入したとの報道があった[7]。2016年9月10日、本作はトロント国際映画祭でプレミアを迎えた[8]。その直後、ヨーロッパ・コープが本作の北米配給権を購入した[9]。後に、ヨーロッパ・コープは本作の北米配給をSTXフィルムズ英語版と共同で行うと発表した[10]

当初、本作の北米公開日は2017年3月24日と発表されていたが[11]、STXフィルムズの意向で2017年4月7日に延期されることとなった[12]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには130件のレビューがあり、批評家支持率は88%、平均点は10点満点で7.2点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ジェマ・アータートンの鮮烈な演技のお陰で、『人生はシネマティック!』はコメディと戦時下のドラマを見事に融和させ、観客が楽しめる作品になった。」となっている[13]。また、Metacriticには30件のレビューがあり、加重平均値は76/100となっている[14]

出典[編集]