仁川交通公社2000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仁川交通公社2000系電車
ITC-train-2110.jpg
基本情報
製造所 現代ロテム
主要諸元
軌間 1,435 mm
電気方式 直流750V
最高運転速度 110 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 186人
車両定員 93人
車両重量 31,5t (Tc)
32,0t (M)
26,4t (T)
編成重量 243,8t
全長 17,200 mm
全幅 2,650 mm
全高 3,600 mm
駆動方式 三相交流かご式誘導電動機によるWNドライブ
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 交直流回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATC,ATO
テンプレートを表示

2000系 (2000けいでんしゃ)は仁川交通公社2号線用の通勤形電車

概要[編集]

編成[編集]

  • 2両1編成の通勤型電車である。ホームの長さは4両基準で建設されており、最大4両まで連結運行が可能である。集電方法は議政府軽電鉄釜山-金海軽電鉄などと同じように線路から電流を供給する第三軌条方式が採択された。無人運転ではあるが、必要に応じて運転士が手動で運転できるようになっている。また、内部は通常の電車と同じである。なお無人運転のため列車の前後の窓を介して風景を鑑賞することができる。

編成表[編集]

車号 導入時期 運行中止時期 備考
201 編成 2013年 運用中
202 編成
203 編成
204 編成
205 編成
206 編成
207 編成 2016年5月、試運転中に追突事故が発生した。
208 編成
209 編成
210 編成
211 編成
212 編成
213 編成
214 編成
215 編成
216 編成
217 編成
218 編成
219 編成
220 編成
221 編成
222 編成
223 編成
224 編成
225 編成
226 編成
227 編成
228 編成
229 編成
230 編成
231 編成
232 編成
233 編成
234 編成
235 編成
236 編成
237 編成

沿革[編集]

画像[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]