仁川大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仁川大橋
仁川大橋空撮(2009年3月29日撮影)
仁川大橋の位置(韓国内)
仁川大橋
各種表記
ハングル 인천대교
漢字 仁川大橋
発音 インチョンデギョ
英語 Incheon Bridge
テンプレートを表示
Korean highway line 110.png
仁川大橋
高速国道110号線
地図
Incheon Bridge Expressway.PNG
開通年 2009年
起点 仁川広域市延寿区
終点 仁川広域市中区
接続する
主な道路
(記法)
Korean highway line 110.png第二京仁高速道路
Korean highway line 130.png仁川国際空港高速道路
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
仁川大橋(2009年10月31日撮影)
仁川国際空港高速道路(130号線)より見る
仁川大橋(2009年9月13日撮影)

仁川大橋(インチョンおおはし)は仁川大橋連結道路(110号線)を構成するで、仁川広域市中区永宗島と仁川広域市松島新都市を結ぶ。2005年着工。2009年10月16日完成、10月18日開通。

規模[編集]

総延長21.27km(うち橋梁は18.2km)。高架橋区間は橋脚の間隔が50m、接続橋区間は橋脚の間隔が145mとなっている。斜張橋は橋脚の間隔が800mで、大韓民国で一番橋脚の間隔が長い橋である。

設計・施工[編集]

21kmを越える大型構造物ではあるが工区分けは行わず、施工業者となったサムスン物産ほか7社によるJVが全てを担当した。工事費の低減を図る為に、東南アジアから労働者を招いて工事に当たらせた。建設地は過去に地震の発生した記録があることから、斜張橋部分の構造設計は、日本長大が担当し、耐震性を考慮した設計を行った。

インターチェンジなど[編集]

仁川大橋連結道路

  • 1 空港新都市(コンハンシントシ)JCT(仁川国際空港高速道路(130号線))
  • 2 永宗(ヨンジョン)IC
  • TG 仁川大橋料金所(本線料金所
    • 仁川大橋
  • 4 延寿(ヨンス)JCT(仁川大橋連結道路支線)
  • 5 玉蓮(オクリョン)IC
  • 6 鶴翼(ハギク)JCT(第二京仁高速道路(110号線))

仁川大橋連結道路支線

  • 4 延寿(ヨンス)JCT
  • 4-1 松島(ソンド)IC

写真[編集]

座標: 北緯37度24分50秒 東経126度34分00秒 / 北緯37.4139度 東経126.5667度 / 37.4139; 126.5667