仁田義男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仁田 義男(にった よしお、1922年5月24日 - 2006年12月16日)は、日本の作家。兵庫県出身。

本名・寺田義男。1958年「墓場の野師」で文学界新人賞受賞。その後時代小説を書いた。2006年、うっ血性心不全のため死去。

著書[編集]

  • やはり神さまはいた 日本の巌窟王(吉田石松産報 1963
  • 苛烈!ガダルカナル 学習研究社 1972- (Ein books)
  • 画狂一代 小説葛飾北斎 集英社 1989.4
  • 大老の首 集英社文庫 1989
  • 剣聖伊藤一刀斎 われ開眼せり 徳間文庫 1990.5
  • 剣聖伊藤一刀斎 神剣払捨刀 徳間文庫 1991.4
  • 剣聖伊藤一刀斎 秘剣見山 徳間文庫 1991.10
  • 剣聖伊藤一刀斎 殺人剣修羅 徳間文庫 1992.2
  • 剣聖伊藤一刀斎 無想活人剣 徳間文庫 1992.7
  • 柳生花妖剣 徳間文庫 1994.7
  • 殺法松の葉 柳生花妖剣 徳間文庫 1994.9
  • 非常の人徳川吉宗 徳間文庫 1995.1
  • 捨心十兵衛杖 柳生花妖剣 徳間文庫 1995.7