仁田陸郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仁田 陸郎(にった むつお、1942年2月9日 - 2015年11月2日[1])は、日本の元裁判官弁護士第一東京弁護士会所属)。2013年(平成25年)瑞宝重光章を受章。叙正三位[2]

学歴[編集]

職歴[編集]

東京都公安委員会委員長。

担当訴訟[編集]

東京高裁裁判長として担当した事件
  • JT女性社員逆恨み殺人事件 - 2000年2月28日に控訴審判決。被告人に対し第一審・東京地裁(山室恵裁判長)の無期懲役判決を破棄して検察側の求刑通り死刑判決(2004年に死刑確定・2008年に刑執行)。
  • 東名高速飲酒運転事故 - 2001年1月12日に控訴審判決。被告人に対し第一審・東京地裁(伊藤雅人裁判官)の懲役4年判決を支持して控訴を棄却。その後確定。

脚注[編集]

  1. ^ 元東京高裁長官の仁田陸郎さん死去」『朝日新聞デジタル』左飛新聞社、2015年11月13日。2019年9月18日閲覧。, オリジナルの2019年9月18日時点によるアーカイブ。
  2. ^ 平成27年12月7日官報


司法職
先代:
青山正明
日本の旗 甲府地方裁判所所長
1997 - 1999
次代:
塚原朋一
先代:
佐藤歳二
日本の旗 横浜地方裁判所所長
2001 - 2002
次代:
吉本徹也