仁礼景範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仁礼 景範
にれ かげのり
Kagenori Nire.jpg
生年月日 1831年4月6日
天保2年2月24日
出生地 日本の旗 日本 薩摩国鹿児島郡荒国村[1]
(現・鹿児島県鹿児島市
没年月日 (1900-11-22) 1900年11月22日(69歳没)
前職 武士薩摩藩士)
海軍軍人
称号 OF-7 - Kaigun Chujo (collar).gif 海軍中将
従二位
勲一等旭日大綬章
子爵
配偶者 仁礼寿賀子
子女 仁礼景一(長男)
仁礼景雄(三男)
斎藤春子(娘)
親族 斎藤実(娘婿)

日本の旗 第6代 海軍大臣
内閣 第2次伊藤内閣
在任期間 1892年8月8日 - 1893年3月11日
テンプレートを表示
仁礼景範の墓

仁礼 景範(にれ かげのり、天保2年2月24日1831年4月6日) - 明治33年(1900年11月22日)は、日本江戸時代末期(幕末)の武士明治時代海軍軍人階級海軍中将栄典従二位勲一等子爵通称源之丞平助

海軍軍令部総長海軍大臣を歴任した。

来歴[編集]

天保2年(1831年)、薩摩藩士の子弟として生まれる。朔平門外の変では、京都守護職会津藩が容疑者とされた田中新兵衛の寓居を急襲した際に、田中新兵衛と一緒にいた、仁礼景範も下僕の太郎ともども逮捕され連行された。後に容疑は晴れて、無罪放免となった。同年の薩英戦争に参加。慶応3年(1867年)に藩命によりアメリカに留学(薩摩藩第二次米国留学生)。

明治5年(1872年)、海軍に出仕して海軍少佐。のち、海軍兵学校校長、東海鎮守府長官、中艦隊司令官、軍事部長などを歴任。明治18年(1885年)、海軍中将。明治19年(1886年)より参謀本部次長、海軍参謀本部長、横須賀鎮守府長官、海軍大学校長などを歴任。

明治25年(1892年)、第2次伊藤内閣海軍大臣に就任、海軍備の充実に力を注いだ。海軍の軍令権を陸軍の参謀本部からの独立に尽力し、明治26年(1893年)に軍令部が設置され軍令部長(のちの軍令部総長)に就任するが、結局陸軍の反対により頓挫した。さらに民党文官側より、海軍行革に不熱心との批判を受けて辞意を表明。伊藤博文は先の和協詔勅において、政府の公約であった海軍行革の推進と野党国民協会の会頭(党首)・西郷従道の引抜きを図るために辞任を認め、仁礼は予備役編入となった。同年枢密顧問官に就任。

明治29年(1896年)、後備役

明治33年(1900年11月22日薨去享年70。

栄典[編集]

位階
勲章等

逸話[編集]

仁礼の飼っていた犬が上野公園にある西郷隆盛の像の犬のモデルとなったことが、娘の春子によって証言されている。像の建設にあたり、そのモデルとすべき薩摩犬を都内において見つけることが出来ずにいたところ、春子が可愛がっていた犬が薩摩犬であることが分かり、急遽モデルとなった[9]

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 仁礼景範とは - コトバンク
  2. ^ 『官報』第701号「叙任」1885年10月30日。
  3. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  4. ^ 『官報』第4349号「叙任及辞令」1897年12月28日。
  5. ^ a b 陸軍少将黒川通軌外六名勲二等ニ進叙』 アジア歴史資料センター Ref.A15110025500 
  6. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  7. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  8. ^ 『官報』第3000号「叙任及辞令」1893年6月30日。
  9. ^ 斎藤實記念館建設委員会 『斎藤實夫妻を偲ぶ』 1975年
  10. ^ アジア歴史資料センター「第98​号​ ​明​治37​年​5​月​15​日​旅​順​港​外​遭​難​の​際​に​於​る​軍​艦初​瀬​戦​死者​人​名​表」(ref:C​0​5​1​1​0​0​1​0​0​0​0)

関連文献[編集]


軍職
先代:
中牟田倉之助
東海鎮守府司令長官
第4代:1881年6月17日 - 1882年10月12日
次代:
中牟田倉之助
先代:
新設
海軍軍令部長
在任中に参謀本部次官、更に参謀本部海軍部長に改称
初代:1886年3月16日 - 1889年3月8日
次代:
伊藤雋吉
先代:
中牟田倉之助
横須賀鎮守府司令長官
第2代:1889年3月8日 - 1891年6月17日
次代:
赤松則良
先代:
林清康
海軍大学校校長
第4代:1891年6月17日 - 1892年8月8日
次代:
空席
公職
先代:
樺山資紀
海軍大臣
第6代:1892年8月8日 - 1893年3月11日
次代:
西郷従道
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
仁礼(景範)家初代
1884年 - 1900年
次代:
仁礼景一