仁科亜季子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にしな あきこ
仁科 亜季子
本名 仁科 章子
別名義 仁科 明子(旧芸名)
生年月日 (1953-04-03) 1953年4月3日(65歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマなど
活動期間 1972年1979年
1999年
配偶者 松方弘樹1979年 - 1998年
一般男性(2011年 - 2013年
著名な家族 十代目岩井半四郎(父)[1]
月城彰子(母)
岩井友見(姉)
仁科幸子(妹)
仁科克基(息子)
仁科仁美(娘)
主な作品
映画
はつ恋
悪魔の手毬唄
テレビドラマ
大都会 闘いの日々
白鳥の歌なんか聞えない
あした天気に
うちのホンカンシリーズ
早春物語
その人は今・・・

仁科 亜季子(にしな あきこ、1953年4月3日 - )は、日本女優である。本名は仁科 章子(読み同じ)。仁科 明子(読み同じ)の名でデビューするも、活動休止を経て、1999年に芸能界復帰の際に芸名を仁科 亜季子へと改名している。東京都出身。CINEMACT所属。

来歴[編集]

学習院女子高等科卒業[1]1972年昭和47年)、NHKのプロデューサーの薦めにより、テレビドラマ 『白鳥の歌なんか聞えない』(NHK、銀河ドラマ)への出演で芸能界デビューした[1]。 お嬢様女優として高い人気を得た。しかし1977年、俳優・松方弘樹との不倫騒動により、芸能活動を休止。松方と1979年に結婚。正式に芸能界を引退。2児をもうけたものの、1998年12月に離婚(2児の親権は仁科が持つ)。結婚中の1991年には子宮頸がんを発病し、子宮・卵巣・リンパ節を摘出する入院治療を受けた[2]。この際、抗がん剤治療に伴う脱毛に悩まされなるなどの体験をしたことから、その後「子宮頸癌予防ワクチン接種の公費助成推進実行委員会」の発起人を務めた。仁科は松方との離婚を機として1999年春に芸能界へと復帰、その際芸名の漢字表記をそれまでの「明子」から「亜季子」へと改名ししている。

2011年1月に息子の入籍とともに再婚を発表、2月に再婚。

2011年3月に東日本大震災が発生、子宮頸がん・乳がん検診を定期的に受けるよう訴える内容のACジャパンの差し替えCM(後述)が大量に流れたため「時期的にそぐわない」「しつこい」などの抗議が殺到し注目されることとなり「自分ではどうしようもなく困惑している」と娘のブログへ連名でコメントを出す[3][4]

2013年2月に離婚。

2014年10月に大腸がんのため、3度目のがん手術を受ける[2]

人物[編集]

  • デビュー前、幼馴染の池畑慎之介と交際していて結婚も考える間柄だったが、仁科が池畑の反対を押し切ってデビューしたため別れた[5][6][7]
  • 2012年11月に自身のブランドを立ち上げ、デザイナーとしてデビュー。

家族[編集]

父は歌舞伎俳優十代目 岩井半四郎で母は元女優の月城彰子の次女[1]。姉は女優の岩井友見で妹は女優の仁科幸子という芸能一家で育った。元夫は松方弘樹、元継子は目黒大樹(松方と松方の最初の妻との息子)、息子は仁科克基(俳優)、娘は仁科仁美(タレント)。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネット動画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • いのち煌めいて(1996年、小学館

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d アーティスト【仁科亜季子】”. ジェイ・ツー. 2012年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月19日閲覧。
  2. ^ a b “仁科亜季子 3度目のがん告白 昨秋に大腸がん手術受けていた”. Sponichi Annex. (2015年9月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/29/kiji/K20150929011227890.html 2015年9月29日閲覧。 
  3. ^ 2011年03月21日のブログ|仁科仁美オフィシャルブログ「仁科仁美の仁仁ブログ」
  4. ^ “仁科仁美、ACジャパンCMへの苦情に「とても複雑な心境」”. オリコン. (2011年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/85889/full/ 2011年4月3日閲覧。 
  5. ^ 仁科亜季子の初恋相手である大スターとは?”. ザ・テレビジョン(ウェブ版) (2017年12月23日). 2018年12月18日閲覧。
  6. ^ “仁科亜季子、女優デビュー前にピーターと付き合っていた「毎日、とにかく一緒にいたかった」”. スポーツ報知. (2017年12月22日). オリジナルの2018年12月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181218102210/https://www.hochi.co.jp/entertainment/20171222-OHT1T50131.html 2018年12月18日閲覧。 
  7. ^ “ピーター、結婚も考えた仁科亜季子との交際に言及「初恋の人なんです」”. スポーツ報知. (2018年4月10日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180410-OHT1T50123.html 2018年12月18日閲覧。 
  8. ^ “山田涼介、『日本映画批評家大賞』新人賞受賞 浅野忠信の激励に感謝”. ORICON STYLE. (2016年5月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2072329/full/ 2016年5月27日閲覧。