仇成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仇 成(きゅう せい、1324年 - 1388年)は、末から初の軍人。含山(現在の安徽省含山県)の人。朱元璋に仕えて、明建国の功臣となった。

生涯[編集]

姓名 仇成
時代 元代 - 明代
生没年 1324年泰定元年) - 1388年洪武21年)
字・別名 -
本貫・出身地 含山(現在の安徽省含山県
職官 秦淮翼副元帥(明)

横海指揮同知
僉大都督府事
永平衛指揮使
征南副将軍

爵位 安慶侯(明)→皖国公
諡号 荘襄
陣営・所属 朱元璋
家族・一族 子 : 仇正

朱元璋の軍に従軍して万戸となった。数々の戦いの功で秦淮翼副元帥となった。

1361年8月、安慶を攻めたが、敵は守りを固めて戦おうとはしなかった。廖永忠、張志雄が水寨を破り、仇成はこの動きに乗じ、陸路から攻撃をかけて、安慶を攻略した。仇成は横海指揮同知として、安慶の守りについた。左君弼が廬州に拠り、朱元璋の武将・羅友賢が池州で叛き、知州・董曾を陥れ、これを殺害した。安慶は敵に囲まれた状況であったが、仇成は軍民を集め、守りを厳重に固めた。陳友諒軍は安慶より東に進もうとしなかった。

1363年7月、鄱陽湖の戦いに参加し、敵軍を涇江口で殲滅し、第一等の功績を上げた。

1366年11月、平江を囲み、仇成は城の西南に配置された。張士誠軍を城の西南で破った。

1370年(洪武3年)、僉大都督府事となり、遼東の守りについた。呉禎は水軍数万を率いて、登州から継続的に軍糧を輸送した。功績がなかったため、永平衛指揮使に降格された。後に復官を果たした。

1379年(洪武12年)1月、沐英藍玉らと洮州18族の反乱討伐に功を上げた。11月、朱元璋は仇成の今までの功績を思い出し、安慶候に封じ、歳禄2千石を賜った。

1387年(洪武20年)5月、征南副将軍として平容美の蛮族を討った。雲南討伐に参加し、多くの功績を上げて、世券を与えられ、5百石を加えられた。

1388年(洪武21年)7月、病にかかり、亡くなった。皖国公の爵位を贈られ、荘襄とされた。

参考文献[編集]

  • 『明史』 巻1 本紀第1 太祖1 
  • 『明史』 巻2 本紀第2 太祖2 
  • 『明史』 巻125 列伝第13 徐達 
  • 『明史』 巻130 列伝第18 仇成 
  • 『明史』 巻131 列伝第19 呉禎 
  • 『明史紀事本末』 巻4 太祖平呉 
  • 『続資治通鑑』 巻219