今久留主邦明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
今久留主 邦明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 1951年
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ・監督歴

今久留主 邦明(いまくるす くにあき)は、福岡県出身の元アマチュア野球選手である。ポジションは捕手

父親は西鉄ライオンズなどに所属したプロ野球選手今久留主淳[1]今久留主功は叔父にあたる。

来歴・人物[編集]

高宮中学校卒業後に進学した博多工業高校では、エースの岩崎清隆とバッテリーを組み、同年の秋季九州大会で決勝に進出。西井哲夫らがいる宮崎商業高校に惜敗した。1969年春の選抜に出場。準決勝に進むが、堀越高校但田裕介に完封負けを喫する。他の高校同期に遊撃手入江道生がいる。高校卒業時には、1969年のドラフト会議読売ジャイアンツから9位指名されたが入団を拒否し、明治大学に進学する[2]

東京六大学野球リーグでは、同期の上田芳央井上明らの好投もあって1973年秋季リーグで4年ぶりに優勝、ベストナイン(捕手)に選出された[3][4]。他の大学同期に遊撃手樋野和寿らがいた。

大学卒業後は日本鋼管福山に入社する。1974年社会人野球日本選手権では田村忠義とバッテリーを組み決勝に進むが、三協精機大塚喜代美に1安打完封を喫し、準優勝にとどまる[5]1980年社会人野球日本選手権でも決勝に進み、田村が日本楽器を抑え4-2で完投勝利、初優勝を飾った[6]都市対抗でも常連として活躍。

現役引退後は福岡県立筑前高等学校野球部のコーチ、監督を務めた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 明治大学校友会福岡支部だより 風のふくおか 23号 (PDF)”. 明治大学校友会福岡支部事務局 (2009年1月). 2020年7月1日閲覧。
  2. ^ 過去のドラフト 第5回(1969年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月28日閲覧。
  3. ^ 一般財団法人 東京六大学野球連盟”. www.big6.gr.jp. 2020年6月30日閲覧。
  4. ^ ベスト9 | 野球部紹介 | 明治大学野球部公式サイト”. meiji-bbc.net. 2020年6月30日閲覧。
  5. ^ 「日本社会人野球協会会報1974」日本社会人野球協会 1975年
  6. ^ 「日本社会人野球協会会報1980」日本社会人野球協会 1981年

関連項目[編集]