今井つる女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今井 つる女(いまい つるじょ、1897年6月16日 - 1992年8月19日)は、俳人。本名は今井鶴(旧姓・池内)。父は高浜虚子の兄池内政夫で、つる女は虚子の姪にあたる。愛媛県松山市生まれ。愛媛県立松山高等女学校(現・愛媛県立松山南高等学校)卒。今井五郎と結婚後上京、1920年ころより句作をはじめ、「ホトトギス」夫人句会に参加。1930年星野立子の「玉藻」創刊に参加。1940年「ホトトギス」同人。1945年愛媛県波止浜町(現今治市)に疎開ししばらく同地に住む。1953年愛媛新聞』婦人俳壇を創設。1955年の上京以後も30年にわたって同選者を務める。1987年より日本伝統俳句協会顧問。1992年死去、95歳。句集に『姪の宿』『花野』『かへりみる』など。娘の今井千鶴子も俳人で『愛媛新聞』婦人俳壇選者を引き継いでいる。

参考文献[編集]

  • 稲畑汀子 編 『ホトトギスの俳人101』 新書館、2010年、34-35頁