今井むつみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今井 むつみ(いまい むつみ)は、日本の心理学者、専門は言語発達、認知発達、言語心理学慶應義塾大学環境情報学部教授。

来歴・人物[編集]

著書[編集]

  • 『ことばの学習のパラドックス』(認知科学モノグラフ) 共立出版、1997
  • 『ことばと思考』 岩波新書、2010
  • 『ことばの発達の謎を解く』 ちくまプリマー新書、2013 

共編著[編集]

  • 『心の生得性 言語・概念獲得に生得的制約は必要か』編著 共立出版 2000 (認知科学の探究)
  • 『人が学ぶということ 認知学習論からの視点』野島久雄共著 北樹出版 2003
  • 『レキシコンの構築 子どもはどのように語と概念を学んでいくのか』針生悦子共著 岩波書店 2007
  • 『新 人が学ぶということ 認知学習論からの視点』野島久雄,岡田浩之共著 北樹出版 2012
  • 『言葉をおぼえるしくみ 母語から外国語まで』針生悦子共著 ちくま書房 2014
  • 『岩波講座 コミュニケーションの認知科学 1言語と身体性』山崎由美子,浅野倫子,渡邊淳司,大槻美佳,佐治伸郎,松井智子,喜多壮太郎,安西祐一郎,岡田浩之,橋本敬,増田貴彦 共著 岩波書店 2014

翻訳[編集]

  • Jeffrey L.Elman他『認知発達と生得性 心はどこから来るのか』乾敏郎、山下博志共訳 共立出版 1998

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『新 人が学ぶということ 認知学習論からの視点』野島久雄,岡田浩之共著 北樹出版 2012