今井健彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今井健彦

今井 健彦(いまい たけひこ、1883年明治16年)7月22日[1] - 1966年昭和41年)1月20日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、文部政務次官商工政務次官農林参与官ジャーナリスト歌人今井邦子は妻[3]

経歴[編集]

静岡県榛原郡初倉村(現在の島田市)に村長今井信郎の三男として生まれる[3][4]。『中央新聞』『中外商業新報』記者を経て、福井日報社社長となった。

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第21回衆議院議員総選挙まで7回連続当選を果たした。その間、犬養内閣で農林参与官を、平沼内閣で商工政務次官を、小磯内閣で文部政務次官を務めた。

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[5]

その他、東京毎日新聞社社長を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、11頁。
  2. ^ 銚子市. “銚子市名誉市民” (日本語). 2015年9月23日閲覧。
  3. ^ a b c 『人事興信録』
  4. ^ 『衆議院要覧』
  5. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、154頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』衆議院事務局、1942年。