今井和雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いまい かずお
今井 和雄
本名
別名義 今井 和夫
今井 和男
生年月日 (1928-04-10) 1928年4月10日
没年月日 (2016-03-13) 2016年3月13日(87歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
血液型 O型
ジャンル俳優
活動期間 1940年代 - 1980年代
活動内容 演劇劇映画時代劇現代劇特撮映画)、テレビドラマ
主な作品
『淑女と風船』
ウルトラQ

今井 和雄(いまい かずお、1928年4月10日 - 2016年3月13日)は、日本の元俳優である[1][2][3][4][5]。本名同じ[2][4][5]。旧芸名は今井 和夫今井 和男[2][3][4][5]

人物[編集]

1928年(昭和3年)4月10日東京府東京市(現在の東京都)に生まれる[1][2][3][4][5]

戦後、市川小太夫一座に所属し、地方巡業の舞台俳優として芸能活動を開始[2][3]。その後、常設劇団を経て新東宝(現在の国際放映)に入社[1][2][3][5]

1952年(昭和27年)、東宝に準契約として入社(同期は加藤茂雄緒方燐作ほか)し、のちに正式契約となる[1][2][3][4][5]

東宝の俳優専属システム崩壊後は、加藤や門脇三郎らと新星プログループに所属[2][3][4][5]していたが、後に芸能界を引退[3]

2016年(平成28年)3月13日、亡くなっている事が分かった[2]。満87歳没。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

  • ウルトラシリーズ
    • ウルトラQ(1966年)
      • 第5話「ペギラが来た!」 - 南極基地・越冬隊隊員
      • 第6話「育てよ! カメ」 - 小学校教師
    • ウルトラマン 第9話「電光石火作戦」(1966年) - 高原少年団団長
    • ウルトラセブン 第21話「海底基地を追え」(1968年) - 伊豆の漁師
    • ウルトラマンタロウ(1973年)※ノンクレジット
      • 第1話「ウルトラの母は太陽のように」 - タンカー日日丸航海士 ※当初はセミレギュラーの予定だった[3]
      • 第17話「2大怪獣 タロウに迫る!」 - 火山研究所所員
      • 第39話「ウルトラ父子餅つき大作戦!」 - 子供たちを追い払う男
    • ウルトラマンレオ
      • 第2話「大沈没! 日本列島最後の日」(1974年) - 医師 ※ノンクレジット
      • 第43話「恐怖の円盤生物シリーズ! 挑戦! 吸血円盤の恐怖」(1975年) - 酔っ払いのサラリーマン
      • 第45話「恐怖の円盤生物シリーズ! まぼろしの少女」(1975年) - 科学者 ※ノンクレジット
  • 快傑ライオン丸 第28話「悪の剣士タイガージョー」(1972年) - 樵
  • 緊急指令10-4・10-10 第22話「少女と花と天国」(1972年) - 洋子の父
  • 愛の戦士レインボーマン
    • 第11話「罠をかけろ!」(1972年) - 医師
    • 第33話「ダッカー飛行隊出撃せよ!」(1973年) - 船長
  • ファイヤーマン(1973年)※ノンクレジット
    • 第8話「恐怖のミクロ怪獣」 - みどり台団地の住人
    • 第29話「射つな! 怪獣だって友達だ」 - 工場関係者
  • ジャンボーグA 第14話「恐怖! 夜空に舞う地獄花」(1973年) - 酔っ払いのサラリーマン
  • 流星人間ゾーン 第16話「恐怖の襲撃! ガロガロボット」(1973年) - 寺村教授
  • 水滸伝(1973年)
    • 第1話「大宋国の流星」 - 町人
    • 第12話「二竜山の対決」 - 医師
  • ダイヤモンド・アイ 第4話「挫けるなライコウ」(1973年) - 竹内アナウンサー
  • 鉄人タイガーセブン 第16話「ムー帝国への挑戦」(1974年) - 加藤博士
  • スーパーロボット レッドバロン 第30話「レッドバロンをあやつる少年」(1974年) - 医師
  • 電人ザボーガー
    • 第1話「たたかえ! 電人ザボーガー」(1974年)・第40話「甦えった魔神三ツ首!!」(1975年) - 医師[6]
    • 第13話「秘密刑事 死の一騎討ち」(1974年) - 藤木博士
  • 日本沈没 第25話「噫々 東京が沈む」(1975年) - 救急隊員

一般作品[編集]

  • 兄貴の恋人 第7話(1970年)
  • 太陽にほえろ!
    • 第17話「俺たちはプロだ」(1972年) - 常東銀行警備員
    • 第24話「ジュンのお手柄」(1972年) - 記者※ノンクレジット
    • 第32話「ボスを殺しに来た女」(1973年) - 中央病院医師
    • 第41話「ある日、女が燃えた」(1973年) - 会議場前の男
    • 第54話「汚れなき刑事魂」(1973年) - 木下哲也
    • 第63話「大都会の追跡」(1973年) - 高橋写真館店主
    • 第65話「マカロニを殺したやつ」(1973年) - 鑑識員※ノンクレジット
    • 第68話「一万人の容疑者」(1973年)※欠番作品
    • 第72話「海を撃て!! ジーパン」(1973年)
    • 第98話「手錠」(1974年) - 目撃者
    • 第104話「葬送曲」(1974年)
    • 第112話「テキサス刑事登場」(1974年) - 鑑識課員※ノンクレジット
    • 第119話「厳しさの蔭に」(1974年)- 鑑識員
    • 第126話「跳弾」(1974年) - 鑑識の声※ノンクレジット
    • 第132話「走れ! ナポレオン」(1975年) - 郵便配達員
    • 第149話「七曲藤堂一家」(1975年) - 鑑識員
    • 第173話「一発で射殺せよ!」(1975年) - 巡査
  • マドモアゼル通り 第2話「チマチマ危機一発!」(1972年)
  • 荒野の素浪人 第1シリーズ 第53話「群狼 黄金の砦」(1973年)
  • 剣客商売 第10話「嘘とまことの間」(1973年)
  • 風の中のあいつ 第18話「無用!! 渡世に女の情け」(1974年)
  • 雑居時代 第25話「やっちゃった!?」(1974年)
  • 幡随院長兵衛お待ちなせえ(1974年)
    • 第1話「長兵衛誕生」
    • 第4話「大江戸暴れ馬」
    • 第11話「乙女は体を張った」
    • 第17話「大江戸無責任男」
    • 第26話(最終回)「男伊達一代」
  • われら青春! 第8話「グッド・ファーザー!!」(1974年)
  • 大江戸捜査網 第3シリーズ
    • 第46話「おんな牢秘話」(1974年)
    • 第92話「殺しの招待状」(1975年)
    • 第114話「富士に響く銃声!」(1975年)
    • 第120話「殺しの夜明け」(1976年)
    • 第136話「涙の操り人形」(1976年)
    • 第137話「誇り高き父子鷹」(1976年)
    • 第147話「用心棒の逆襲」(1976年)
    • 第151話「三味の音は殺しの調べ」(1976年)
  • 高校教師 第14話「バレー部員乱闘事件」(1974年)
  • 若い!先生 第25話(最終回)「新しい明日へ!」(1974年) - 警官
  • おんな浮世絵・紅之介参る!
    • 第13話「夕映え子守唄」(1974年)
    • 第14話「殺し屋お蝶」(1975年)
  • 水もれ甲介 第13話「ガスもれ注意!」(1975年) - 医師
  • 傷だらけの天使(1975年)
    • 第19話「街の灯に桜貝の夢を」
    • 第25話「虫けらどもに寂しい春を」
  • 俺たちの勲章(1975年)
    • 第5話「人質」
    • 第12話「海を撃った日」
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風 第10話「質ぐさ女房」(1975年)
  • 俺たちの旅
    • 第7話「人はみなひとりでは生きてゆけないのです」(1975年)
    • 第15話「男には女の淋しさが胸にしみるのです」(1976年)
  • 伝七捕物帳 第97話「逆転歓喜の盃」(1976年)
  • 敬礼!さわやかさん 第17話「これが初恋?」(1976年)
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風II(1976年)
    • 第12話「つらい対決」
    • 第23話「牢破り」
  • 高校聖夫婦 第5話「破局」(1983年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『東宝特撮映画全史』1983年東宝株式会社、p527。
  2. ^ a b c d e f g h i 『別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.4』より「特撮訃報 俳優 今井和雄さん」2016年洋泉社、p192。
  3. ^ a b c d e f g h i 『別冊映画秘宝ウルトラマン研究読本』2013年洋泉社、p296。
  4. ^ a b c d e f 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』2014年洋泉社、p105・p115。
  5. ^ a b c d e f g 『モスラ映画大全』2011年洋泉社、p25。
  6. ^ 『電人ザボーガー大全』(2002年・双葉社) p140では、「同一人物と思われる」としている。