今井啓一 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

今井 啓一(いまい けいいち、1905年8月17日-1975年11月27日[1])は、日本の歴史学者

京都府出身。神宮皇學館卒。大東文化学院高等科修了[2]。1961年「帰化の研究」で國學院大學文学博士立命館大学教授近畿大学教授、大阪樟蔭女子大学学芸学部教授。

著書[編集]

  • 『神国二千六百年史 前編』立命館出版部 1940
  • 東洋史概説 前篇』立命館出版部 1943
  • 百済王敬福 東北経営の先駆者 東大寺大仏造立の殊勲者』綜芸舎 1965
  • 『天日槍 帰化人第一号神功皇后外祖母家』綜芸舎 1966
  • 秦河勝 帰化人系の一頂点 聖徳太子の寵臣』綜芸舎 1968
  • 『帰化人の研究 第4集 帰化人と社寺』綜芸舎 1969
  • 『帰化人の研究 第5集 帰化人の研究 鶏肋篇』綜芸舎 1969
  • 『帰化人の研究 第6集 帰化人の研究 総説篇』綜芸舎 1972
  • 『帰化人の研究 第7集 帰化人 「分布・繁衍」篇 畿内及び江・濃における』綜芸舎 1974
  • 『帰化人の研究 第8集 帰化人と東国』綜芸舎 1977

翻訳[編集]

  • 李長伝編『南洋史入門』葦牙書房 1938
  • 王輯五『日支交通史』訳註 立命館出版部 1941

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 横田健一編『日本書紀研究 第6冊』塙書房