今井嘉幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今井嘉幸

今井 嘉幸(いまい よしゆき、1878年明治11年)5月25日[1] - 1951年昭和26年)6月30日[2])は、衆議院議員弁護士

経歴[編集]

愛媛県周桑郡小松町(現在の西条市)生まれ[1]1897年愛媛県立松山中学校[3]を、1900年第一高等学校[4]を卒業し、1904年7月に東京帝国大学法科大学独法科を卒業した[5]。さらに同大学院で国際法を専攻[6]。修了後、東京地方裁判所判事[7][8]に任命された。1908年の招聘[9]で判事在職のまま天津の北洋法政学堂で司法制度を教授した[1]1914年、帰国して判事を退官し[10]大阪で弁護士の業務に就く[11]。同年12月24日に法学博士学位を授与された[12]1916年中華民国での護国戦争に際し、雲南軍政府の招きで軍務院の顧問に就任した[1]

1917年第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした[13]普選運動に加わり[14]、「普選博士」と呼ばれたという[15]1918年には吉野作造らと黎明会の結成にも関わった[16]。その後は社会大衆党の顧問を務めた[17]

1942年第21回衆議院議員総選挙で再び議員に返り咲いた[18]

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[19]

著書[編集]

  • 『法典叢書』第1巻・第2巻(東京国民書院、1912年)- 高橋其三・笠井健太郎と共著
  • 『支那に於ける列強の競争』(富山房、1914年)
  • 『支那国際法論』(丸善、1915年)
  • 『民法学通論』(有斐閣書房、1916年)
  • 『普選を中心として - 政治、労働、社会問題の一般的批判』(内外出版、1921年)

参考文献[編集]

  • 朝日新聞社神戸支局編 「今井嘉幸」 『夜明けの人びと:兵庫百年』 中外書房、1967年、242-244頁。 NCID BN12754762 
  • 住谷悦治民本主義思想の浸透―吉野作造・福田徳三・黎明会―」 『講座・日本社会思想史』 2巻 芳賀書店、1967年、104-155頁。 
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『大日本博士録 第1巻』発展社、1921年、pp.法博162-163
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』1962年、pp.60-61
  3. ^ 『愛媛県立松山中学校一覧 明治43年9月』愛媛県立松山中学校、1910年9月、p.78
  4. ^ 『第一高等学校一覧 自明治33年至明治34年』第一高等学校、1901年、p.198
  5. ^ 『東京帝国大学一覧 従明治37年至明治38年』東京帝国大学、1907年12月、p.(95)
  6. ^ 『東京帝国大学一覧 従明治37年至明治38年』東京帝国大学、1907年12月、p.(9)
  7. ^ 『官報』第7376号、明治41年1月31日、p.531
  8. ^ 『職員録 明治39年(甲)』印刷局、〔1906年〕、p.362
  9. ^ 『官報』第7393号、明治41年2月21日、p.461
  10. ^ 『官報』第536号、大正3年5月14日、pp.342-343
  11. ^ 『日本辯護士名簿 大正15年7月現在 日本弁護士協会録事法曹公論号外』日本辯護士協會、1926年、p.261
  12. ^ 『官報』第738号、大正4年1月20日、pp.362-363
  13. ^ 『自第7回至第13回衆議院議員総選挙一覧』衆議院事務局、1918年12月、p.82,
  14. ^ 弘田勝太郎 「關西に於ける普選運動」 『普選運動史及普選の心得』 而立社、1925年、85-86頁。 
  15. ^ 朝日新聞社神戸支局 1967
  16. ^ 住谷悦治 1967
  17. ^ 『社会大衆党報告書. 昭和7・8年度』社会大衆党書記局、1933年12月、p.66
  18. ^ 『第21回衆議院議員総選挙一覧』衆議院事務局、1943年5月、p.363
  19. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、154頁。NDLJP:1276156