今井浜海岸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今井浜海岸駅*
地元産の木材を多用したログハウス風の駅舎
地元産の木材を多用したログハウス風の駅舎
いまいはまかいがん
Imaihama-Kaigan
IZ11 伊豆稲取 (3.9km)
(1.1km) 河津 IZ13
所在地 静岡県賀茂郡河津町見高180番地
駅番号 IZ12
所属事業者 伊豆急行
所属路線 伊豆急行線
キロ程 34.2(伊東起点)
熱海から51.1km
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
132人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1962年昭和37年)7月7日
備考 早朝夜間無人駅
* 1969年(昭和44年)3月1日
今井浜海水浴場駅から改称・通年営業化
テンプレートを表示

今井浜海岸駅(いまいはまかいがんえき)は、静岡県賀茂郡河津町見高にある、伊豆急行伊豆急行線である。駅番号IZ12伊豆急下田駅の被管理駅である。

普通列車と臨時快速河津桜リレー号が停車する。海水浴場最寄り駅であるが、後述のホーム有効長の問題もあり、特急列車は全列車通過している。ただし、トップシーズンに設定された臨時列車のなかには編成両数によって停車したものもある。

歴史[編集]

1961年昭和36年)12月10日の伊豆急行線開通時には設けられず、翌年に臨時駅として開業した。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅国道135号よりやや高い崖上に位置するため、階段を上る必要がある。

構内の両端をトンネルに挟まれているためホーム有効長が十分にとれず、8両以上の編成では先頭から7両のみドアが開く(ドアカット)。2006年(平成18年)7月28日から、新築された駅舎を使用開始した。周辺環境にあわせ、木材を多用したログハウス風のデザインが採用され、木材の約6割は、地元河津町提供の天城杉を使用している。

駅舎脇に有料コインロッカーがある。しかし大きなキャリーバッグ等は入らない。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
伊豆急行線 下り 伊豆急下田方面
上り 伊東熱海方面

構内[編集]

  • SuicaおよびSuicaと相互利用可能なICカード(PASMO等)は、伊豆急行線内全駅で利用可能であるが当駅にチャージ機は設置されずチャージサービスには対応していない。

利用状況[編集]

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員132人である。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度別1日平均乗車人員
年度 1日平均
乗車人員
出典
1993年(平成05年) 318 [* 1]
1994年(平成06年) 319 [* 2]
1995年(平成07年) 285 [* 3]
1996年(平成08年) 257 [* 4]
1997年(平成09年) 207 [* 5]
1998年(平成10年) 195 [* 6]
1999年(平成11年) 184 [* 7]
2000年(平成12年) 161 [* 8]
2001年(平成13年) 153 [* 9]
2002年(平成14年) 151 [* 10]
2003年(平成15年) 130 [* 11]
2004年(平成16年) 126 [* 12]
2005年(平成17年) 123 [* 13]
2006年(平成18年) 124 [* 14]
2007年(平成19年) 127 [* 15]
2008年(平成20年) 132 [* 16]
2009年(平成21年) 133 [* 17]
2010年(平成22年) 115 [* 18]
2011年(平成23年) 109 [* 19]
2012年(平成24年) 153 [* 20]
2013年(平成25年) 153 [* 21]
2014年(平成26年) 147 [* 22]
2015年(平成27年) 153 [* 23]
2016年(平成28年) 146 [* 24]
2017年(平成29年) 132 [* 25]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
今井浜       河津駅 南伊豆東海バス
    見高入谷口 入谷中村 平日土曜運転
  見高入谷口・志津摩・伊豆稲取駅 稲取高校上 朝夕運転

隣の駅[編集]

伊豆急行
伊豆急行線
伊豆稲取駅 (IZ11) - 今井浜海岸駅 (IZ12) - 河津駅 (IZ13)

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

利用状況[編集]

静岡県統計年鑑

関連項目[編集]