今井直重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

今井 直重(いまい なおしげ/なおえ、1899年6月10日 - 1994年1月14日[1])は、法学・政治哲学者。

奈良県出身。九州帝国大学文学部哲学科卒。京都帝国大学大学院文学博士号課程修了[2]。1964年「主権の憲法学的研究」で京都大学法学博士、1968年「プラトンの国家論の研究」で京都大学文学博士奈良学芸大学教授、奈良教育大学教授。1962年定年退官、名誉教授、大阪経済法科大学教授。1984年退職[3]

著書[編集]

  • 『憲法要説 比較考察的憲法學』三和書房 1953
  • 『法学提要 法の主要問題の解明』三和書房 1955
  • 『主権の憲法学的研究』法律文化社 1963
  • 『法學概論』三和書房 1961
  • 『民法概説』啓文社 1964
  • 『憲法要義』法律文化社 1966
  • 『プラトンの国家論の研究』法律文化社 1966
  • 『プラトンの教育思想の研究』三和書房 1978
  • 『哲学』三和書房 1978

共編著[編集]

  • 『政治学要論 現在世界各国の政治機構の究明』田中正純共著 三和書房 1954
  • 『外国憲法概説 ソ同盟・中共・アメリカ合衆国憲法』吉田一枝共著 三和書房 1956
  • 『法学綱要』広岡隆共著 三和書房 1956
  • 『各國政治要論』楠正純共著 三和書房 1957
  • 『憲法要説』広岡隆共著 三和書房 1959
  • 『憲法原論』楠正純共著 法律文化社 1966
  • 『憲法原論』岡本栄太郎共著 法律文化社 1966

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『』
  3. ^ 中川淳「追悼今井直重先生」