今仙電機製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 今仙電機製作所
Imasen Electric Industrial Co., Ltd.
Imasen Electric Industrial.JPG
本社事務所
種類 株式会社
市場情報
略称 IMASEN
本社所在地 日本の旗 日本
484-8507
愛知県犬山市字柿畑1番地
北緯35度20分18.6秒
東経136度56分32.6秒
座標: 北緯35度20分18.6秒 東経136度56分32.6秒
設立 1939年昭和14年)2月1日
業種 輸送用機器
法人番号 1180001080700
事業内容 自動車部品の製造販売等
代表者 取締役会長 足立 隆
代表取締役社長執行役員 櫻井 孝充
資本金 61億34百万円
発行済株式総数 21,045,880株
売上高 単体 583億円
連結 1,119億円
2015年3月期)
純資産 単体 323億円
連結 474億円
(2015年3月31日現在)
総資産 単体 589億円
連結 935億円
(2015年3月31日現在)
従業員数 単体 1,625名、連結 4,862名
(2018年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 本田技研工業(株) 5.06%
(2015年3月31日現在)
外部リンク http://www.imasen.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社今仙電機製作所(いませんでんきせいさくしょ、: Imasen Electric Industrial Co., Ltd. )は、愛知県犬山市に本社を置く独立系自動車部品メーカー。自動車部品を基盤に多角的な製品開発を推進し、医療機械器具や、航空機にも部品を供給している。

沿革[編集]

  • 1932年(昭和7年)会社設立前、創業者らが自動車用電気式警音器(ナイトホーン)の国産化に成功[1]
  • 1939年昭和14年)2月1日 - 「株式会社今仙電機製作所」として設立。
  • 1982年(昭和57年)1月 - 子会社であったナイト精機株式会社を吸収合併。(現・可児工場)
  • 1993年平成5年)10月 - 子会社であったナイト電装株式会社を吸収合併。(現・岡山工場)
  • 1996年(平成8年)12月 - 日本証券業協会に株式を店頭登録。
  • 1997年(平成9年)8月 - ISO 9001認証を取得。
  • 1999年(平成11年)10月 - QS-9000認証を取得。
  • 2001年(平成13年)9月 - 名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 2002年(平成14年)
    • 12月 - ISO 14001を取得。
    • 9月 - 名古屋証券取引所市場第一部に指定替え。
  • 2003年(平成15年)2月 - 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
  • 2004年(平成16年)
    • 1月 - ISO/TS16949を取得。
    • 4月 - 子会社であった株式会社ナイトビームを吸収合併。(現・春里工場)
  • 2007年(平成19年)
    • 4月 - 株式会社九州イマセン設立。
    • 6月 - 岐阜工場稼動開始。
    • 11月 - インドにイマセン マニュファクチュアリング インディア プライベートリミテッドを設立。
  • 2010年(平成22年)9月 - アメリカ・テネシー州にイマセン ビュサイラス テクノロジー インク テネシー工場を設置。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月 - 中国に武漢今仙電機有限公司を設立。
    • 10月 - 中国 武漢今仙電機有限公司に襄陽工場を設立。
    • 11月 - 株式会社シーマイクロを完全子会社化。
  • 2012年(平成24年)7月 - メキシコにイマセン メキシコ テクノロジー エス・エー デ シー・ブイを設立。
  • 2013年(平成25年)10月1日 - 子会社の名北三菱自動車販売株式会社が三菱自動車工業のディーラー事業を中部三菱自動車販売株式会社に譲渡[広報 1][広報 2]。同社は名北自動車株式会社に商号変更し、2014年(平成26年)4月に清算。
  • 2014年(平成28年)8月 - インドネシアにピーティー・イマセン パーツ インドネシアを設立。
  • 2015年(平成27年)
  • 2017年(平成29年)
    • 6月1日 - 無動力の歩行支援器「aLQ(アルク)」を発売[2]

主な製品[編集]

  • シートアジャスタ
  • ウィンドレギュレータ
  • 電子・リレー
  • ランプ
  • ホーン
  • 電動車いす

事業所[編集]

  • 本社(愛知県犬山市)
  • 工場
  • 営業所
    • 東京支店(東京都中野区
    • 広島支店(広島県東広島市)
    • 栃木支店(栃木県芳賀郡芳賀町
    • 水島連絡所(岡山県倉敷市)
    • IMASENグローバル開発・研修センター(愛知県犬山市)
    • ドイツ支店(ドイツ連邦共和国フランクフルト・アム・マイン)

関連会社[編集]

  • 東洋航空電子株式会社
  • 株式会社岐阜東航電
  • 株式会社今仙技術研究所
  • 株式会社九州イマセン
  • 株式会社シーマイクロ
  • 今仙電機股分有限公司(台湾
  • イマセン フィリピン マニュファクチュアリング コーポレーション(フィリピン共和国
  • イマセン ビュサイラス テクノロジー インク(アメリカ合衆国
  • 広州今仙電機有限公司(中華人民共和国
  • 武漢今仙電機有限公司(中華人民共和国)
  • イマセン マニュファクチュアリング(タイランド)カンパニー リミテッド(タイ王国
  • イマセン マニュファクチュアリング インディア プライベート リミテッド(インド
  • イマセン メキシコ テクノロジー エス エー デ シー ブイ(メキシコ合衆国
  • ピーティー・イマセン パーツ インドネシア(インドネシア共和国

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 今仙電機製作所|ご挨拶”. www.imasen.co.jp. 2019年9月28日閲覧。
  2. ^ “楽に「アルク」 無動力歩行支援器 記者が体験 今仙電機 世界初の健常者向け”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 7. (2017年4月1日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ 子会社における会社分割(吸収分割)による事業譲渡に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社今仙電機製作所 (2013年7月25日). 2013年7月25日閲覧。
  2. ^ 子会社の解散および清算に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社今仙電機製作所 (2013年8月29日). 2013年8月29日閲覧。