今出川公久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
今出川公久
時代 江戸時代後期
生誕 文化3年5月23日1806年7月9日
死没 天保7年8月17日1836年9月27日
官位 正二位権中納言
主君 光格天皇仁孝天皇
氏族 今出川家
父母 父:今出川尚季、母:鷹司致子
兄弟 公久、随季
不詳
実順美賀子
テンプレートを表示

今出川 公久(いまでがわ きんひさ)は、江戸時代後期の公卿官位正二位権中納言

経歴[編集]

文化4年(1807年)に叙爵。以降累進して、侍従右近衛権少将を経て、文政元年(1818年)に従三位となり、公卿に列する。その後も左近衛権中将踏歌節会外弁を経て、文政7年(1824年)に従二位権中納言となる。天保3年(1832年)よりは大歌所別当を兼務。しかし天保7年(1836年)にすべての任職を辞した。同年に死去。享年31。

系譜[編集]

関連項目[編集]