今出川公詮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
今出川公詮
時代 江戸時代中期
生誕 元禄9年3月29日1696年4月30日
死没 享保16年2月14日1731年3月21日
改名 清季(初名)→公詮
官位 従二位権大納言
主君 東山天皇中御門天皇
氏族 今出川家
父母 父:今出川伊季
兄弟 公香公詮西園寺公晃
輔子女王(伏見宮邦永親王の王女)
実興徳川宗将室、今出川誠季室、養子:誠季
テンプレートを表示

今出川 公詮(いまでがわ きんあきら)は、江戸時代中期の公卿。官位は従二位権大納言。初名は清季(きよすえ)。

経歴[編集]

宝永2年(1705年)に叙爵。宝永3年(1706年)、兄公香が官位官職を返上する事件があり、かわって今出川家を継いだ。侍従左近衛少将・左近衛中将を経て、正徳2年(1712年)に従三位となり、公卿に列する。その後も踏歌節会外弁や権中納言を経て、享保8年(1723年)に権大納言に任じられ、同年内教坊別当も拝命。享保12年(1727年)から15年(1730年)にかけては神宮伝奏をつとめた。この間の享保14年(1729年)には皇太子昭仁親王(桜町天皇)の春宮大夫に任じられている。享保16年(1731年)に病となり、すべての任職を辞した。

系譜[編集]

関連項目[編集]