今出川実直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
今出川実直
時代 南北朝時代 - 室町時代初期
生誕 興国3年/康永元年(1342年
死没 応永3年5月15日1396年6月21日
別名 号:後今出川
官位 従一位右大臣
主君 後光厳天皇後円融天皇後小松天皇
氏族 今出川家
父母 父:今出川実尹、養父:今出川公直
兄弟 公直実直
公行
テンプレートを表示

今出川 実直(いまでがわ さねなお)は、南北朝時代から室町時代初期にかけての公卿権大納言今出川実尹の子。官位従一位右大臣

経歴[編集]

延文3年/正平13年(1358年)に従三位となり、公卿に列する。その後は周防権守参議権中納言・権大納言・内教坊別当左近衛大将などを歴任。応永元年(1394年)に内大臣を経ずして右大臣に任官。翌年官職を辞すも従一位を授与される。

応永3年(1396年)5月に兄・公直が嗣子無く薨去し、家督を継ぐも、同年同月中に後を追うように実直も薨去した。子・公行が今出川家の名跡を継いだ。