今出川実興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
今出川実興
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年(1716年
死没 享保15年11月5日1730年12月14日
官位 従五位上
主君 中御門天皇
氏族 今出川家
父母 父:今出川公詮、母:輔子女王
兄弟 実興徳川宗将室、今出川誠季
テンプレートを表示

今出川実興(いまでがわ さねおき)は、江戸時代中期の廷臣。中御門天皇時代の廷臣だが、早世した。官位も従五位上止まりである。父は権大納言今出川公詮。母は伏見宮邦永親王の王女。

経歴[編集]

今出川家の嫡男だが、15歳にして早世。今出川家の跡は内大臣西園寺致季の子今出川誠季が実興の養子として継いだ。

系譜[編集]

関連項目[編集]