今出川誠季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
今出川誠季
時代 江戸時代中期
生誕 正徳3年9月17日1713年11月4日
死没 延享3年6月13日1746年7月30日
官位 従二位権大納言
主君 中御門天皇桜町天皇
氏族 西園寺家今出川家
父母 父:西園寺致季、養父:今出川公詮
兄弟 西園寺公晃、飛鳥井雅香、小倉宜季、誠季、橋本実理、大宮貞季
正室:今出川公詮の娘
公言、定子(徳川治貞正室)
テンプレートを表示

今出川 誠季(いまでがわ のぶすえ)は、江戸時代中期の公卿

経歴[編集]

西園寺家から今出川家へ婿養子に入った。享保8年(1723年)に叙爵。以降清華家当主として速い速度で累進し、侍従左近衛少将・左近衛中将を経て、享保20年(1735年従三位に昇り公卿に列する。その後、権中納言を経て、元文4年(1739年)には権大納言に就任。病に倒れる延享3年(1746年)まで同職を務めた。同年中に死去。享年39。

系譜[編集]

関連項目[編集]