今千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
こん ちあき
今 千秋
生年月日 9月29日
国籍 日本の旗 日本千葉県
民族 日本人
職業 演出家
監督
ジャンル アニメ
主な作品
ひぐらしのなく頃に
純情ロマンチカ
のだめカンタービレ
うみねこのなく頃に
世界一初恋
テンプレートを表示

今 千秋(こん ちあき、9月29日 - )は、日本アニメーション演出家アニメーション監督千葉県出身。

来歴、人物[編集]

代々木アニメーション学院を卒業[1]後、ぴえろ制作進行演出を務めた後にフリーランスとなる。ぴえろ時代は同じく演出家の神谷純に師事した[2]。神谷が監督を務めた『南海奇皇』において制作進行をこなしつつ、神谷に絵コンテの試作を提出[3]。同じく神谷が監督の『ぐるぐるタウンはなまるくん』の第28話「もしかして」にて演出家デビューを果たす[3]

テレビアニメひぐらしのなく頃に』が初監督作品であり、この作品で知られるようになった。その後、『のだめカンタービレ 巴里編』の監督に抜擢されている。インタビューにおいて自身の持ち味を「やんちゃさ」だと語っている[要出典]

主に古巣のぴえろ、初監督作の『ひぐらしのなく頃に』を制作したスタジオディーンJ.C.STAFFの作品に参加することが多く、演出だけでなく脚本も務めるようになっている。

独特な雰囲気を持った作品や、奥行きのある世界観を持った作品でも、原作に沿って丁寧にアニメ化することには定評がある[4]。また、演出の特徴としてはデフォルメしたキャラクターを筆で描いたようなタッチで表現したり、オープニングアニメーションなどにをモチーフとして挿入することがある。

その一方で『美少女戦士セーラームーン』や『聖闘士星矢』など、往年の東映アニメーション(東映動画)作品のファンでもあり、『映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』の監督を務めた際にはそれらの作品のエッセンスを組み入れていると明かしており[5]、『美少女戦士セーラームーンCrystal』の第3期「デス・バスターズ編」のシリーズディレクターを務めるに当たって行われたトークショーではセーラームーンのコスプレをして登壇している[6]

主な作品[編集]

監督[編集]

絵コンテ・演出他[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アニメディア スクール特集 2015 WINTER
  2. ^ 神谷純のTwitter 2013年6月13日 22:47の発言
  3. ^ a b 神谷純のTwitter 2013年6月13日 22:49の発言
  4. ^ 『月刊ニュータイプ』第27巻第4号(2011年2月号) 角川書店 58ページ
  5. ^ 『アニメージュ』2015年12月号増刊「ハピネスチャージプリキュア!特別増刊号」P.33-35
  6. ^ セーラームーンCrystal、AJで拍手喝采のOP&ED披露!今監督のコスプレ姿も,コミックナタリー,2016年3月26日
  7. ^ 花咲ける青少年 : 作品情報”. アニメハック. 2020年4月23日閲覧。
  8. ^ おとめ妖怪 ざくろ :作品情報”. アニメハック. 2020年8月2日閲覧。
  9. ^ 映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ | 東映[映画] Archived 2014年11月9日, at the Wayback Machine.
  10. ^ Back Street Girls -ゴクドルズ- : 作品情報 : 作品情報”. アニメハック. 2020年9月30日閲覧。
  11. ^ テレビ朝日 番組基本情報 ドキドキ!プリキュア 第3回「最高の相棒登場!キュアダイヤモンド!!」[リンク切れ]テレビ朝日
  12. ^ アニメージュ』2017年7月号P.93

関連項目[編集]