今大路道三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

今大路 道三(いまおおじ どうさん、天正5年(1577年) - 寛永3年9月19日1626年11月7日))は、安土桃山時代江戸時代医師。名は親純、親清。字は亀渓。曲直瀬玄鑑とも称する。

略歴[編集]

父は曲直瀬玄朔(二世道三)。父より医術を学んだが、幼少より徳川秀忠に小姓として仕えていた。天正20年(1592年)、典薬助に任ぜられた。後陽成天皇より姓と今大路の家号を賜り、以後は今大路を名乗った。剃髪して三世道三と称する。元和9年11月((1624年1月)には東福門院の難産を救って秀忠に称賛された(この時誕生したのが後の明正天皇である)。寛永3年(1626年)、秀忠に従って上洛中に、崇源院の治療のために江戸へ急遽戻ったが、途上の箱根山中で自分が発病して急死し早雲寺に葬られた。

子は徳川家光に仕えて典薬頭に任ぜられた今大路親昌(曲直瀬玄鎮、四世道三)。

参考文献[編集]

  • 『日本人名大辞典』、講談社、2001年
  • 『朝日日本歴史人物事典』、朝日新聞社、1994年