今宮通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
今宮通 紫竹西南町から撮影

今宮通(いまみやどおり)は、京都市北区を通る東西の通りの一つである。

概要[編集]

東は加茂街道を、西は千本通を、それぞれ起終点とする。全線を通じて2車線である。道幅が六間幅(約10.9m)で作られたことから、地元では六間通(ろっけんどおり)とも呼ばれ、親しまれている[1][2]今宮神社以西ではバス路線が設定されている。加茂街道、烏丸通との三叉路、および大宮通船岡東通(今宮神社東門前)との交差点付近を中心に交通量が多い。

住宅地内を横断する、主要な生活道路として機能している。大徳寺周辺を除いて京町家は存在せず、むしろ近現代的な住宅や商店が立ち並んでいる。ちなみに、新町通-大宮通においては、北に今宮北通今宮北中通が、南には今宮南通と呼ばれる小路が並行している(北山通紫竹通と酷似している)。

名前の由来[編集]

今宮神社に由来している。元は、今宮神社東門-大徳寺北東端のわずかな区間であった[3]昭和初期に延伸され、今日に至る。

沿線の主な施設[編集]

交差する道路など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一路一家 京の路と町家 今宮通
  2. ^ 京都市情報館 北区役所 リレー学区紹介-元町学区
  3. ^ 京都の歴史散歩 明治42年の地図では、大徳寺東端以東の今宮通は畦道(あぜみち)が描かれていた

関連項目[編集]