今宮純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いまみや じゅん
今宮 純
生誕 (1949-03-18) 1949年3月18日
日本の旗 日本神奈川県小田原市
死没 (2020-01-04) 2020年1月4日(70歳没)
日本の旗 日本東京都
出身校 慶應義塾大学
職業 モータースポーツ・ジャーナリスト
モータースポーツ解説者
配偶者 今宮雅子 (妻)

今宮 純(いまみや じゅん、1949年3月18日 - 2020年1月4日[1])は、日本のモータースポーツジャーナリスト。日本モータースポーツ記者会(JMS)会員。

妻は翻訳家・ジャーナリストの今宮雅子

経歴[編集]

神奈川県小田原市出身。神奈川県立平塚江南高等学校慶應義塾大学文学部図書館学科卒業。

大学時代から自動車研究会に所属するかたわら、アルバイトを兼ねて「カーグラフィック」などの自動車専門誌にレース関連の記事を寄稿していた。1973年にはヨーロッパへ取材を兼ねたレース観戦旅行に出かけ、F1オランダGPを観戦した[2]。大学卒業後もフリーのジャーナリストとしてレース雑誌を中心に執筆活動を続けたが、当時は第一次オイルショック直後で日本の自動車メーカーが一斉にワークス活動から手を引いた時期であり、フリーの今宮もジャーナリストとしての仕事がほとんどもらえない状態だったため、一時パチプロとして生計を立てていた時期もあったという[3]

1976年、F1日本初開催の「F1世界選手権イン・ジャパン」を密着取材し、4万字のレポートを「オート・テクニック」に寄稿した[4]。以降はレギュラーの仕事が増え、海外でF1やル・マン24時間レース、ヨーロッパF2を取材する。

1981年からはTBS系で放送された全日本F2選手権富士GCシリーズのテレビ中継でピットレポーターを務めたほか、世界耐久選手権(WEC)やインディ500のテレビ中継で解説を務める。当時ピットレポーターとしてコンビを組んでいたのが安藤優子で、全日本F2選手権を舞台にした東宝映画『F2グランプリ』(1984年公開)に本人役で共に出演している。また1994年のF1パシフィックGPでは安藤がゲストリポーターを務め、久々のコンビ復活となった。

1987年より、フジテレビが『F1グランプリ』としてF1全戦の中継を開始し、レギュラー解説者として起用された。同局の『プロ野球ニュース』のF1コーナーや情報番組『F1ポールポジション』にも出演していた。また、東京中日スポーツ1990年の紙面リニューアルでモータースポーツ面を強化したことに伴い、同紙のスーパーバイザーに就任している。日本でF1ブームが加熱すると今宮の認知度も高まり、解説・執筆・講演など多方面の活動を通じて、モータースポーツを世間に広める役割を果たした[5]

1994年のサンマリノGPアイルトン・セナが事故死し、レース後の生中継では号泣しながら「とくにモータースポーツに働いているものの一人とすれば、やはり受け止めなければいけない」、「こういう事実から、F1は、続いていくんですね」、「来来週は、モナコグランプリですが、セナはいませんが、F1は続いていくわけです」とコメントした[6]1995年は同じくフジテレビが全戦の放映権を取得した全日本F3000選手権の専属解説者を務め、翌1996年から再びF1中継の解説に復帰。2003年からは地上波中継から離れ、川井一仁と共にフジテレビ721フジテレビNEXTで生中継されるF1中継の解説を担当した。

2020年1月4日虚血性心疾患のため東京都内の自宅で急死した[1]。70歳没。6日前の2019年12月29日付の公式ツイッターに、F1ファンへの年末の挨拶のメッセージを残していた[7]

主な著書[編集]

  • エキサイティングエフ・ワン(曜曜社出版 1987 ISBN 4-89692-038-4)
  • F1大百科シリーズ(勁文社 ケイブンシャブックス)
  • 1/1000秒の攻防 後藤治との対話から(勁文社 1990 ISBN 4-7669-1118-0)
  • F1おもしろクイズグランプリ(三推社 別冊ベストカー 1991 ISBN 4-06-178498-6)
  • F1ロマネスク(勁文社 1992 ISBN 4-7669-1604-2)
  • ミスターF-1 フライング・ジャパニーズ 中嶋悟の20年(小学館 1992 ISBN 4-09-363401-7)
  • F1グランプリ パドック・パス 1992(講談社 1992 ISBN 4-06-205824-3)
  • モータースポーツ・ジャーナリスト 青春編(三樹書房 1998 ISBN 4-89522-230-6)
  • F1ドキュメント(山海堂 2000 ISBN 4-381-02174-6)
  • 流転。F1ジャパン・グランプリ1976(東方出版 2014 ISBN 4-8094-1209-1)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本のF1報道のパイオニア、モータースポーツ・ジャーナリストの今宮純氏が死去”. AUTOSPORT web (2020年1月10日). 2020年1月10日閲覧。
  2. ^ このオランダGPではロジャー・ウィリアムソンの死亡事故が起きている。
  3. ^ 『モータースポーツジャーナリスト青春編』p.63
  4. ^ Profile”. F1-WORLD by Jun Imamiya. 2020年1月10日閲覧。
  5. ^ “日本のF1テレビ解説の先駆者、今宮純氏が急逝。享年70歳”. motorsport.com. (2020年1月10日). https://jp.motorsport.com/f1/news/f1-jun-imamiya/4642945/ 2020年1月10日閲覧。 
  6. ^ イギリス製作のドキュメンタリー映画『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』(2010年)にこの場面の中継映像が使用されている。
  7. ^ f1-world by IMAJUN [@f1worldbyimajun] (2019年12月29日). "長い19年シーズン、F1LOVERS皆様からのサポート、ありがとうございました。" (ツイート). Twitterより2020年1月10日閲覧

関連項目[編集]