今市 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 大阪府 > 大阪市 > 旭区 > 今市
今市
今市の位置(大阪市内)
今市
今市
今市の位置
今市の位置(大阪府内)
今市
今市
今市の位置
北緯34度43分38.66秒 東経135度33分10.69秒 / 北緯34.7274056度 東経135.5529694度 / 34.7274056; 135.5529694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
旭区
町名制定 1971年(昭和46年)
面積
 • 合計 0.184642824km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 4,535人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
535-0011[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

今市(いまいち)は、大阪市旭区町名。現行行政地名は今市一丁目及び今市二丁目。

地理[編集]

旭区北東部に位置する。北で太子橋、東で守口市京阪本通・豊秀町・日吉町・金下町・寿町・滝井西町、南で千林、西で大宮と隣接する。西に一丁目、東に二丁目が配される。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 正和4年(1315年)11月の東大寺文書『兵庫関悪党交名注進状案』に「九郎太郎 今市住」とあり、鎌倉時代末期には今市の地名が既に存在していたことが確認できる。
  • 江戸時代には一時期を除いて幕府直轄領(天領)。天保郷帳による村高は844
  • 1890年(明治22年)以降は東成郡古市村今市。
  • 1925年(大正14年)の大阪市への編入により東成区今市町となる。
  • 1971年(昭和46年)に現在の町名・区域となる。

地名の由来[編集]

当地一帯の古来からの地名・郷名である「古市」に対し、郷内の京街道沿いにできた物資集散の要衝(市場町)として「今市」と名付けられたことによる[5]

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
今市一丁目 1,293世帯 2,196人
今市二丁目 1,274世帯 2,339人
2,567世帯 4,535人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 4,655人 [6]
2000年(平成12年) 4,607人 [7]
2005年(平成17年) 4,390人 [8]
2010年(平成22年) 4,482人 [9]
2015年(平成27年) 4,752人 [10]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 2,175世帯 [6]
2000年(平成12年) 2,280世帯 [7]
2005年(平成17年) 2,217世帯 [8]
2010年(平成22年) 2,317世帯 [9]
2015年(平成27年) 2,476世帯 [10]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]。なお、小学校・中学校入学時に学校選択制度を導入しており、通学区域以外に旭区の小学校・中学校から選択することも可能[12]

丁目 小学校 中学校
今市一丁目 全域 大阪市立古市小学校 大阪市立今市中学校
今市二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

北端にOsaka Metro谷町線太子橋今市駅が置かれ、敷地の一部を占める。

道路[編集]

施設[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府大阪市旭区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 今市の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 大阪市旭区役所 (2009年3月23日). “大阪市 旭区 旭区町名の由来”. 区の歴史. 2012年7月6日閲覧。
  6. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ 区内の通学区域および選択できる学校一覧 (PDF)”. 大阪市旭区 (2018年10月5日). 2019年11月22日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  12. ^ 平成31年度 旭区学校選択制について”. 大阪市旭区 (2018年10月5日). 2019年11月22日閲覧。
  13. ^ 寶龍寺のクス-大阪府、2013年1月14日閲覧。
  14. ^ 郵便番号簿 2019年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年11月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]