今村鞆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今村 鞆(いまむら とも、明治3年9月6日1870年9月30日) - 昭和18年(1943年))は朝鮮半島社会の研究者、警察官。

1870年9月6日、土佐国高岡郡高岡村(現・高知県土佐市)に生まれる。1899年、警視庁警部となり、1903年、警察監獄学校を卒業し岐阜県警部となる。1904年、法政大学専門部法律科を卒業して、1908年に渡韓する。忠清北道警察部長をはじめ、江原道警察部長、平壌警察署長、済州警察署長などを務め、職務と趣味に関わりのあるものの調査に打ち込む。朝鮮民俗学会ともかかわりを持ち、民俗学の研究にも没頭する。1912年に最初の著書である『朝鮮社会考』を出版して以来、『朝鮮風俗集』、『朝鮮漫談』などを出版した。

1920年、朝鮮総督府の元山府尹に任命されたほか、李王職庶務課長を務め、1925年、依願免官。1926年、逓信局嘱託、1928年、朝鮮放送協会理事、1930年、朝鮮史編修会嘱託、1931年、人参史編纂嘱託などを歴任する。李王職事務官を辞した後も籍を中枢院に置き、専売局の嘱を受け、大著『人参史』を1934年から1940年にかけて記す。博学といわれるほど多様な知識を持つ彼は、1937年に創設された京城書物同好会の会員に加わるなど、在野の学者として活動した。