今枝敬雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今枝 敬雄
いまえだ のりお
Norio-Imaeda-1.jpg
生年月日 1924年8月18日
出生地 愛知県
没年月日 (2012-03-21) 2012年3月21日(87歳没)
所属政党 自由民主党

選挙区 旧愛知1区
当選回数 3回
在任期間 1980年6月22日 - 1983年11月28日
1986年7月6日 - 1993年6月18日

選挙区 名古屋市中区選挙区
当選回数 4回
在任期間 1967年4月30日 - 1979年
テンプレートを表示

今枝 敬雄(いまえだ のりお、1924年8月18日 - 2012年3月21日)は、日本の政治家自由民主党所属の元衆議院議員(3期)。元愛知県議会議員(4期)。

来歴[編集]

1959年の愛知県議会議員選挙(名古屋市中区選挙区)に無所属で立候補するも落選[1]。1963年の県議選に自民党公認で立候補するも再び落選[2]

1967年の県議選で初当選。1979年4月、4期目の当選を果たす[3]。同年9月7日、衆議院が解散。地盤を元秘書で後に愛知県議会議長を務めることになる加藤南に譲り、旧愛知1区より自民党公認で第35回総選挙に出馬したが落選した。

1980年の第36回総選挙で初当選した。旧愛知1区は以前から野党候補も強かった選挙区で、当初は民社党春日一幸日本共産党系の田中美智子らを前に苦戦していた。そして、当選後も自民党内における公認争いや候補乱立により苦杯をなめることがあり、最後は河村たかし(のち名古屋市長)の台頭により議席の望みを断たれたといえる。

2012年3月21日、肺炎のため死去[4]。87歳没。

衆議院議員総選挙[編集]

過去に経験した役職[編集]

  • 中部製紙原料商工組合顧問

その他[編集]

新憲法制定議員同盟に所属していた。

派閥としては旧田中派→旧竹下派→旧橋本派に所属していた。

脚注[編集]

  1. ^ 『愛知県議会史 第十巻』愛知県議会、1983年3月15日、427頁。
  2. ^ 『愛知県議会史 第十一巻』愛知県議会、1986年3月15日、340頁。
  3. ^ 『愛知県議会史 第十三巻』愛知県議会、2008年3月15日、248頁。
  4. ^ “訃報:元衆院議員の今枝敬雄氏が死去。”. 日本経済新聞. (2012年3月25日). http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E0E7E2E2998DE0E7E2E1E0E2E3E09191E3E2E2E2 2012年3月25日閲覧。