今治圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今治圏(いまばりけん)は、愛媛県が定めた愛媛県今治市を中心とする中心圏域区分。今治市越智郡上島町を範囲とする。

都市圏[編集]

「10% 都市圏(通勤圏)」[編集]

今治市を中心とする都市雇用圏(10% 通勤圏)の人口は約17万人(2010年国勢調査基準)。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷
  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
今治市 今治 都市圏
163548人
今治 都市圏
167481人
今治 都市圏
158247人
今治 都市圏
160220人
今治 都市圏
173983人
今治 都市圏
166532人
今治市
朝倉村
玉川町
波方町
大西町
菊間町
吉海町 -
宮窪町 - - - -
伯方町 - - - -
上浦町 - - - -
大三島町 - - - -
関前村 - - - -
弓削町 因島 都市圏 因島 都市圏 因島 都市圏 因島 都市圏 因島 都市圏 尾道 都市圏 上島町
生名村
岩城村 - - -
魚島村 - - - -
  • 2004年10月1日:弓削町、生名村、岩城村、魚島村が新設合併して上島町が発足。
  • 2005年1月16日:(旧)今治市、朝倉村、玉川町、波方町、大西町、菊間町、吉海町、宮窪町、伯方町、上浦町、大三島町、関前村が新設合併し、新市制による今治市が発足。

行政の取り組み[編集]

今治市は、広域的な市町村の合併を経た市に関する特例により中心市宣言を行い、1市で今治市定住自立圏を形成している。

産業[編集]

本社を置く主要企業[編集]

工場・事業所を置く主要企業[編集]

農林水産業[編集]

みかんなどの柑橘類の栽培が広く栽培されている他、裸麦れんこんレモンなど地域によって様々な農作物が栽培されている。また来島海峡の豊かな漁場に恵まれ水産業も盛んに行われており、きすなど様々な魚介類に恵まれている。

製造業[編集]

今治圏内では造船が広く行われており、今治市の波止浜地区、大西地区、伯方地区や上島町の岩城地区などに造船所が立地している。造船に関連し造船用の鉄板加工や機械などの工場も多く立地している。また今治市では日本一の生産量を誇るタオルの他、電機食品石油化学も盛んである。

小売業[編集]

ほとんどの大型店が旧今治地域に集中しており、フジグランワールドプラザサティなどの大型店が立地する。また島部では農協生協が展開されている。

運輸業[編集]

今治市の波方地域では船主が多く、今治市では造船や造船関連産業も合わせた海事都市の推進を積極的に進めており、見本市や船舶の寄港イベントなどを行っている。

行政[編集]

県出先機関[編集]

教育[編集]

大学・短期大学[編集]

高等専門学校[編集]

  • 国立弓削商船高等専門学校

高等学校[編集]

主な交通機関[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

港湾[編集]

バス[編集]

関連項目[編集]