今治市営渡船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今治市営フェリー(いまばりしえいフェリー)は、愛媛県今治市今治港と関前地区などを結ぶ市営のフェリーである。今治市交通対策課が運営している。せきぜん渡船は今治市との合併前は関前村営であった。

概要[編集]

以前はせきぜん渡船は、今治港と大下島小大下島岡村島を結ぶ航路が運航されてきたが、赤字経営や他の航路の廃止などから、航路再編が議論されてきた。

2012年10月1日から航路の再編が行われ、今治と岡村を結ぶ快速船が増便され、新たに大三島宗方港に寄港するようになった。また今治市などの出資する第3セクター大三島ブルーラインによって、岡村と宗方を結ぶ航路が新設された。航路再編により、経営効率化や利便性向上、観光客誘致が期待されている。

岡村島は安芸灘諸島連絡架橋(安芸灘とびしま海道)によって呉市と架橋で繋がっており、しまなみ海道が繋がる大三島と航路で繋がることで、サイクリング等の観光客誘致が期待されている。

航路[編集]

せきぜん渡船[編集]

さざなみ渡船[編集]

船舶[編集]

就航中の船舶[編集]

フェリー「第2せきぜん」
  • 第二せきぜん(フェリー)
日本初の三胴型フェリーで、船内はバリアフリー化されている。
2003年4月1日起工、同年6月12日進水、同年6月26日竣工、石田造船建設建造(第678番船)、JG平水
179総トン、載貨重量68.4トン、全長39.10m、垂線間長29.00m、全幅10.50m、深さ3.00m、計画満載喫水2.10m
三菱S6R2F-MTK3×1基(出力603kW)、四翼固定ピッチプロペラ×1軸、最大速力12.1ノット(試運転)、航海速力11.5ノット、
旅客定員135名、乗組員3名、乗用車20台またはトラック6台
  • とびしま(旅客船)
2017年2月1日就航、ツネイシクラフト&ファシリティーズ建造、建造費約1億7,000万円
19総トン、全長20.4m、旅客定員40名、自転車10台

過去の船舶[編集]

  • せきぜん(フェリー)
1978年9月竣工、2003年7月20日引退、フィリピンへ売却
196.53総トン、全長33.00m、型幅8.00m、航海速力10.5ノット、旅客定員135名
  • 第三徳海(旅客船)
1996年就航、2017年1月31日引退、19総トン、航海速力20.0ノット、旅客定員40名

参考文献[編集]

関連項目[編集]