称名寺 (鎌倉市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
称名寺
Shomyo-ji fudou-do.JPG
不動堂
所在地 神奈川県鎌倉市今泉4-5-1
位置 北緯35度20分35.6秒
東経139度33分57.9秒
座標: 北緯35度20分35.6秒 東経139度33分57.9秒
山号 今泉山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 弘仁元年(810年[1]
開基 空海(伝)
正式名 今泉山 一心院 称名寺
別称 今泉不動
文化財 本尊木造阿弥陀如来像、観音菩薩像、勢至菩薩像など[2]
法人番号 4021005001903
テンプレートを表示

称名寺(しょうみょうじ)は、神奈川県鎌倉市今泉にある浄土宗の寺院。山号は今泉山。本尊は阿弥陀如来。通称は今泉不動。

歴史[編集]

  • 弘仁元年(810年)、空海の創建と伝えられる。後年廃絶したが、貞享元年(1684年)に直誉蓮入が本堂を再建し、住職となった。
  • 元禄6年(1693年)に増上寺の末となり、その際、「今泉山」という山号と「称名寺」という寺名を受けた。

出典[編集]

  • 鎌倉市の寺 小辞典 かまくら春秋社 ISBN 9784774001739
  • 鎌倉古社寺辞典 吉川弘文館 ISBN 9784642080606
  • 新編相模国風土記稿 巻九十九

脚注[編集]

  1. ^ 弘仁9年(818年)とも
  2. ^ 鎌倉の寺小辞典(鎌倉春秋社)197p記載

関連項目[編集]