今泉高光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
今泉高光
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文17年(1548年
死没 慶長2年5月2日1597年6月16日
官位 但馬守
主君 宇都宮国綱
氏族 今泉氏
父母 父:今泉泰光
兄弟 高光、昌尊、重経、貞高
宗高

今泉 高光(いまいずみ たかみつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将下野宇都宮氏の家臣。下野国上三川城主。

略歴[編集]

今泉氏宇都宮氏の支流・横田氏の傍流。

宇都宮国綱の側近。主君・国綱に継嗣が無かったため、豊臣氏五奉行であった浅野長政から養子をもらおうとしたが、これに不満を持った国綱の弟・芳賀高武の軍勢に攻められ自害に追い込まれた。

この事件は、宇都宮氏改易の遠因になったという。