今津晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今津 晃(いまづ あきら、1917年4月24日[1] - 2003年6月18日)は、日本の歴史学者である。日本におけるアメリカ合衆国史研究の開拓者。

略年譜[編集]

静岡県浜名郡鷲津町に生まれる。1938年第三高等学校卒業、1941年12月京都帝国大学文学部史学科卒業、1948年9月京都帝国大学大学院退学。1962年「アメリカ革命史序説」で文学博士(京都大学)の学位取得。1942-43年文学部部副手嘱託。1946年9月関西大学予科講師、1947年4月大谷大学学部及予科教授、1948年同志社大学専任講師、48年助教授、1950年9月大阪大学教養部助教授、1953年文学部助教授、1959年京都大学文学部助教授。1960年7月 フルブライト委員会およびロックフェラー財団の援助によりアメリカ合衆国ウィスコンシン大学に留学、同大学歴史学部honorary fellow(-1961年8月7日帰国)1967年2月京都大学文学部教授、1977-78年文学部長・文学研究科長。1981年京都大学を停年退職、名誉教授、京都女子大学家政学部教授。1989年退職。1990年11月勲二等瑞宝章受勲。2003年6月 死去。叙従四位

著書[編集]

  • 『現代アメリカ国民史の研究―移民を中心として』創元社 1948年
  • 『京大西洋史 8 現代の世界』創元社 1953年
  • 『新書西洋史 8 二十世紀の世界』創元社 1955 のち講談社現代新書 
  • 『世界史のまとめ』数研出版 1957
  • 『アメリカ革命史序説』法律文化社 1960年
  • 『世界史の徹底整理 受験準備の急所をつく 最新版』数研出版 1960
  • 『アメリカ独立革命』至誠堂 1967年
  • 『世界の歴史17 アメリカ大陸の明暗』河出書房 1969年 のち文庫 
  • 『概説現代史』東京創元社・創元選書 1973年 
  • 『アメリカ独立の光と翳 独立200年の源流をさぐる』清水書院・センチュリーブックス 1976年

編著・共編著[編集]

  • 『世界歴史 第5巻 ヨーロッパ世界 第1』前川貞次郎共編 人文書院 1966
  • 『第一次大戦下のアメリカ 市民的自由の危機』編著 柳原書店 1981
  • 『市民的自由の探究 両大戦間のアメリカ』横山良・紀平英作共編 世界思想社 1985
  • 『アメリカ史を学ぶ人のために』池本幸三、高橋章共編 世界思想社 1987
  • 『新総括世界史 大学受験』編著 数研出版 1993

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』