今牧嘉雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

今牧 嘉雄(いままき よしお、1897年明治30年)12月15日[1] - 1980年昭和55年)5月17日[2])は、大正から昭和期の内科医[3]、右翼活動家、政治家衆議院議員医学博士[2][3][4][5]

経歴[編集]

富山県[2][3]射水郡新湊町[5]高岡市、新湊町、新湊市を経て現射水市)で生まれる。1920年(大正9年)長崎医学専門学校(のち長崎医科大学[4]、現長崎大学)を卒業し[2][3][5]、その後、京都帝国大学医学部で研究した[3]

別府市の朝見病院長を経て、1930年(昭和5年)東京市京橋区で開業した[2][3][5]大川周明の雑誌『満蒙』に執筆し、大川の治療を行ったことなどから神武会に加盟した[5]。1936年(昭和11年)大日本青年党に加わり、その後、大日本赤誠会に改称[5]。また、日本医師会理事、日本医療団評議員、富士工業社長などを務めた[2][4]

1942年(昭和17年)4月、第21回衆議院議員総選挙翼賛政治体制協議会の推薦を受け東京府第3区から出馬して当選し[3][4][5][6]、衆議院議員に1期在任した[2]。この間、大政翼賛会東京府常務、同中央協力会議員、翼賛政治会政調幹事、同内務・外務兼務委員、同連絡委員(事務局参与)などを務めた[2][4][5]。戦後、日本進歩党に所属し[2]、その後、公職追放となった[7]

その後、社会保険協会蒲田診療所長を務めた[2][5]

斎藤実首相暗殺予備事件[編集]

五・一五事件で大川周明が逮捕されたことから、1932年(昭和7年)6月に斎藤実首相暗殺計画をある神武会員と相談の上、他の神武会員2名に実行を依頼し武器の準備金100円を渡した[8]。その実行予定者の1名が京都伏見の遊郭で検挙されたことから実行を中止したが、実行予定者2人が今牧を恐喝して385円を支払わせたことから、同年8月に検挙され、1933年(昭和8年)5月、東京地方裁判所から殺人予備罪で懲役1年6ヶ月、執行猶予2年の有罪判決を受けた[8]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第八十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1942年、2頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』292頁。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第14版 上』イ239頁。
  4. ^ a b c d e 『翼賛議員銘鑑』50頁。
  5. ^ a b c d e f g h i 『最新右翼辞典』45頁。
  6. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第21回』167頁。
  7. ^ 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、一般該当者名簿154頁。公職追放の該当事項は「推薦議員赤誠会要職者大日本青年党本部委員」。
  8. ^ a b 『右翼辞典』255頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第21回』衆議院事務局、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 堀幸雄『右翼辞典』三嶺書房、1991年。
  • 堀幸雄『最新右翼辞典』柏書房、2006年。