今西龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今西 龍(いまにし りゅう、1875年8月15日 - 1932年5月20日[1])は、日本の朝鮮史家、京都帝国大学教授。

岐阜県池田郡池田野新田(現・揖斐郡池田町)生まれ。幼名は了哉。東京帝国大学卒。1906年より慶州などで考古学的調査を行い、1913年秥蝉県碑を発見。同年京都帝大講師となり、1916年助教授。1922年に文学博士学位を授与される[2]。1922年から1924年まで北京に留学、1926年京城帝国大学・京都帝大兼任教授となるが、1932年に脳溢血のため58歳で死去した[3]

著書[編集]

  • 『新羅史研究』近沢書店、1933年(復刻版、国書刊行会、1988年)
  • 『百済史研究』近沢書店 1934年(復刻版、国書刊行会、1988年)
  • 『朝鮮史の栞』近沢書店 1935年(復刻版、国書刊行会、1988年)
  • 『朝鮮古史の研究』近沢書店 1937(復刻版、国書刊行会、1988年)

脚注[編集]

  1. ^ 『京都帝国大学一覧 昭和8年』京都帝国大学、1933年、p.304
  2. ^ 『官報』第3264号、大正12年6月18日、pp.435-436
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)5頁