今野浩一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今野 浩一郎(いまの こういちろう、1946年11月18日[1] - )は、日本の経済学者である。専門は人事管理学習院大学名誉教授

略歴[編集]

東京都出身。1971年東京工業大学理工学部経営工学科卒業、1973年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。同年より神奈川大学工学部工業経営学科助手、1980年に東京学芸大学教育学部講師、1982年より助教授。1992年より学習院大学経済学部教授[2]。2017年定年退職、学習院大学名誉教授[3]。2018年障害者雇用水増し問題検証委員会委員[4][5]

著書[編集]

  • 『正社員消滅時代の人事改革』日本経済新聞社、2012年
  • 『マネジメント・テキスト─人事管理入門(第2版)』日本経済新聞社、2009年
  • 『人事マネジメント』ミネルヴァ書房、2009年
  • 『東京に働く人々』法政大学出版局、2005年
  • 『個と組織の成果主義』中央経済社、2003年
  • 『中国企業の経営と雇用管理』日本労働研究機構、1999年
  • 『勝ちぬく賃金改革』日本経済新聞社、1998年
  • 『人事管理入門』日本経済新聞社、1996年
  • 『資格の経済学』中央公論社、1995年

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.301
  2. ^ 日本経済新聞出版社
  3. ^ 「第3回「中小企業人材マネジメント研究会」を開催します」 経済産業省 (プレスリリース)-2018/12/17
  4. ^ 第一回「国の行政機関における障害者雇用に係る事案に関する検証委員会」 【議事要旨】 厚生労働省
  5. ^ 【障害者雇用水増し】原因究明へ検証委が初会合2018.9.11 07:43産経新聞