今野龍太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
今野 龍太
東京ヤクルトスワローズ #69
R konno20150418.jpg
楽天時代
(2015年4月18日 ロッテ浦和球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県大崎市
生年月日 (1995-05-11) 1995年5月11日(25歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト9位
初出場 2014年8月20日
年俸 800万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

今野 龍太(こんの りゅうた、1995年5月11日 - )は、宮城県玉造郡岩出山町(現在の大崎市)出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生の時に地元のスポーツ少年団・岩出山フェニックスで野球を始めると[2]岩出山中学校時代には軟式野球部に所属した[3]

宮城県岩出山高等学校への進学後は、1年時よりベンチ登録。3年生だった2013年には部員わずか11人で臨んだ春季宮城県北部地区大会での準優勝によって、チームを30大会振り(東日本大震災直後で春の大会が中止された2011年を含めると31年振り)に春季宮城県大会出場へ導いた。宮城県大会の初戦で宮城県鹿島台商業高等学校打線から19三振を奪うなど、地区・県大会を通じて、登板6試合中4試合で2桁奪三振を記録。通算53イニングで43安打24失点を許しながらも、69三振を奪った。また、全6試合を1人で投げ抜き、1完封を含む4完投勝利を記録した。

3年夏の宮城県大会では、宮城県米谷工業高等学校と対した初戦(2回戦)で6者連続を含む16奪三振とノーヒットノーランを達成[2]。許した走者は四球1、死球3、味方の失策5人[2]で、チーム5年振りの県大会初戦突破に貢献した。3回戦の聖和学園戦では毎回の12三振を奪うが、8回9安打5失点で完投負けを喫した。この3回戦進出が在校中の最高成績で、春夏ともに甲子園での全国大会出場の実績はない。ちなみに、今野とバッテリーを組んでいた同級生で主将の山田裕之は、卒業後の2015年春から宮城県高等学校野球連盟所属の現役最年少審判として活動している[4]

2013年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから9巡目で指名[3]支配下登録選手としての入団が前提の指名選手としては最後(76番目)の指名[5]で、会議前日に今野の投球をビデオで見た一軍監督の星野仙一(当時)が、「面白い。ええやないか」と評価したことで指名が実現したという[6]。後に、出来高分(1,000万円)を含めた契約金1,500万円、年俸440万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は99[3]

楽天時代[編集]

2014年速球で150km/hを出すことを最初の目標として[5]ウエイトトレーニングや下半身強化に取り組んだ結果、入団時から体重が7kg増加[7]イースタン・リーグ公式戦では、4月19日の対北海道日本ハムファイターズ戦で150km/h、その後の試合では153km/hを計測した[8][9]。新人・若手選手を積極的に起用する星野の方針で、8月17日にプロ入り後初の一軍昇格[10][11]。一軍公式戦では、8月21日の対日本ハム戦(旭川スタルヒン球場)での救援登板を皮切りに、通算5試合に登板した。4人の新人投手だけで継投した8月27日の対埼玉西武ライオンズ戦(楽天koboスタジアム宮城)では、先発・松井裕樹、2番手・相原和友に次ぐ3番手として8回表1死から登板すると、ソロ本塁打で1点を失いながらも2死を取ったうえで西宮悠介につないでいる[12]

2015年、イースタン・リーグ公式戦では、17試合の登板で4勝をマーク。一軍公式戦でも2試合に登板した。シーズン終了後の10月8日には、翌2016年シーズンから監督へ就任する梨田昌孝が自身の希望で背番号99を着用することを受けて背番号を69に変更することが球団から発表された[13]。しかし、二軍調整中の7月に右膝外側の半月板を痛めて10月14日に患部の縫合手術を受けた[14]ことから、球団は10月26日に今野の支配下選手契約を解除し[15]、11月19日に育成選手として再び契約を結んだ。また、前述した手術の影響で背番号69を着用しないまま、育成選手への移行を機に背番号を090へ変更した[16]

2016年、前年に受けた手術のリハビリに専念したため、実戦への登板は見送られた。育成選手に関するNPBの規約に沿って、10月31日にいったん自由契約選手として公示され[17]、後に育成選手として再契約した。

2017年オープン戦を3試合続けて無失点で凌いだことを受けて、レギュラーシーズン開幕直後の4月6日に、球団から支配下登録選手への復帰と出場選手登録が発表された。背番号は984月12日の対埼玉西武ライオンズ戦(Koboスタ宮城)で一軍公式戦2年振りの登板を果たした。一軍公式戦への登板はこの試合だけだったが、イースタン・リーグの公式戦では、17試合の登板で1勝3セーブ、防御率1.71という好成績を残した。楽天への入団1年目から交際していた高校時代の同級生と、シーズン中の6月に結婚[18]

2018年6月8日の対広島東洋カープ戦で、3回表無死満塁というピンチからの救援でシーズン初登板を迎え、3つの三振を奪うなどの好投で2イニングを無失点に抑えている[19]7月14日には、第100回全国高等学校野球選手権記念宮城大会の開幕戦(いずれも楽天生命パーク)で始球式に臨んだ。楽天球団による野球普及活動の一環による登場で、宮城大会の始球式を務めた現役のプロ野球選手は、今野が初めてである[20]。一軍公式戦3試合に登板。勝敗は付かなかったものの、防御率は1.80だった。イースタン・リーグの公式戦では、チームトップの46試合に登板すると、2勝2敗1セーブ、防御率4.76を記録。

2019年5月15日の対北海道日本ハムファイターズ戦(楽天生命パーク)で4点ビハインドの5回表に一軍公式戦のシーズン初登板を果たすと、3回無失点の好投でチームのサヨナラ勝利につなげた[21]5月18日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)で、自身および、宮城県のアマチュア球界から直接楽天へ入団した投手としての一軍公式戦初勝利をマーク[22][23]5月25日に第一子(長男)を授かったが、一軍公式戦には4試合へ登板しただけで、レギュラーシーズン終了後の10月18日に球団から戦力外通告を受けた。「家族のためにももう少し野球を続けたい」という意向で、NPB他球団での現役続行を希望していた[24]が、11月12日12球団合同トライアウト大阪シティ信金スタジアム)には参加しなかった。

ヤクルト時代[編集]

2019年11月13日に、東京ヤクルトスワローズが今野の獲得で合意し、翌14日から今野を秋季松山キャンプへ合流させることを発表[25]。キャンプ終了後の12月2日付でNPBから自由契約選手として公示され[26]12月4日にヤクルトとの間で支配下選手契約を正式に結んだ。推定年俸は600万円で、背番号は楽天時代に前述した事情で着用できなかった69[27]

2020年新型コロナウィルスの影響で開幕が遅れたが、オープン戦で好投し自身初の開幕メンバー入りを果たす。6月19日、開幕戦の中日ドラゴンズ戦延長10回に移籍後初登板。1回2失点で敗戦投手となる(自責点0)。その後ビハインドの場面で登板を重ねるが8月31日に登録抹消。10月6日に再登録されると、そのままシーズン終了まで1軍に帯同した。一軍公式戦で20試合に登板し0勝1敗、防御率2.84の成績を残した。奪三振率はクローザーの石山泰稚を超える12.79を記録した(25.1イニングで奪三振36)。オフには200万アップの800万円で契約更改をした。[28]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 楽天 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 5.1 9 2 0 0 0 1 0 0 5 5 8.44 1.69
2015 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 17 3.1 4 1 3 0 1 1 0 0 4 4 10.80 2.10
2017 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 2 1 1 0 0 1 0 0 3 3 27.00 3.00
2018 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 5.0 4 0 4 1 0 6 0 0 1 1 1.80 1.60
2019 4 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 44 9.0 13 1 3 0 1 7 1 0 10 10 10.00 1.78
2020 ヤクルト 20 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 113 25.1 23 1 13 2 0 36 4 0 10 8 2.84 1.42
通算:6年 35 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 227 49.0 55 6 24 3 2 52 5 0 33 31 5.69 1.61
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2014 楽天 5 0 2 0 0 1.000
2015 2 0 0 0 0 ----
2017 1 0 0 0 0 ----
2018 3 0 1 0 0 1.000
2019 4 1 3 0 0 1.000
2020 ヤクルト 20 2 4 2 0 .750
通算 35 3 10 2 0 .867
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 99 (2014年 - 2015年)
  • 090 (2016年 - 2017年4月5日)
  • 98 (2017年4月6日 - 2019年)
  • 69 (2020年 - )

登場曲[編集]

  • 「君に贈る詩」DUFF(2014年 - 2015年)
  • 「太陽に向かって咲く花」N.O.B.U!!!(2016年 - 2017年)
  • 「いま、太陽に向かって咲く花」NOBU(2018年 - 2019年)
  • 「プライド」高橋優(2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2021年1月7日閲覧。
  2. ^ a b c d 部員11人の公立校エースが快挙/宮城大会”. nikkansports.com (2013年7月21日). 2013年11月13日閲覧。
  3. ^ a b c 楽天ドラ9今野の恩返し 次はプロ1勝”. nikkansports.com (2013年11月13日). 2013年11月13日閲覧。
  4. ^ “宮城の現役最年少審判・山田さんは楽天今野の元女房”. nikkansports.com. (2015年4月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1467843.html 2015年10月18日閲覧。 
  5. ^ a b “楽天今野「緊張」1安打無失点デビュー”. nikkansports.com. (2014年8月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140820-1353920.html 2015年3月21日閲覧。 
  6. ^ 『プロ野球選手データ名鑑2014』(宝島社[別冊宝島]、2014年、ISBN 9784800222480)15頁。
  7. ^ “今野160万円アップ 東北楽天・契約更改”. 河北新報. (2014年11月15日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201411/20141115_14040.html 2015年1月20日閲覧。 
  8. ^ “楽天ドラ9今野が自己最速151キロ連発”. nikkansports.com. (2014年4月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140429-1293010.html 2015年3月21日閲覧。 
  9. ^ “星野監督9位今野に太鼓判「おもしろい」”. nikkansports.com. (2013年10月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/p-bb-tp0-20131026-1209422.html 2015年3月21日閲覧。 
  10. ^ “楽天ドラ2内田が1軍初昇格 即先発も”. nikkansports.com. (2014年9月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140918-1368635.html 2015年3月21日閲覧。 
  11. ^ 楽天今野龍太投手が今日1軍初昇格日刊スポーツ(2014年8月17日)
  12. ^ “楽天松井裕7敗でも光明は4新人リレー”. nikkansports.com. (2014年8月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140827-1357251.html 2015年10月18日閲覧。 
  13. ^ 【今野龍太選手】背番号の変更に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト 2015年10月9日
  14. ^ “今野が右膝手術=プロ野球・楽天”. 時事ドットコム. (2015年10月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015101800053&g=spo 2015年10月18日閲覧。 
  15. ^ 来季の支配下選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト 2015年10月26日
  16. ^ 来季の育成選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト 2015年11月19日
  17. ^ 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構公式サイト (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  18. ^ 楽天今野6月に結婚していた、高校時代に一目ぼれ”. 日刊スポーツ (2017年12月3日). 2019年10月25日閲覧。
  19. ^ 楽天収穫1敗…5年目今野150キロ、2回3K0封”. 日刊スポーツ (2018年6月8日). 2019年10月25日閲覧。
  20. ^ 【現役プロ野球選手初!】銀次選手・今野龍太選手・栗原健太一軍打撃コーチが高校野球の始球式に登場!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2018年6月25日). 2019年10月25日閲覧。
  21. ^ 「岩出山の星」楽天今野、力投で劇的サヨナラ呼んだ”. 日刊スポーツ (2019年5月15日). 2019年10月25日閲覧。
  22. ^ <楽天>宮城出身の生え抜き初 今野龍太投手が待望の初勝利”. 河北新報 (2019年5月19日). 2019年10月25日閲覧。
  23. ^ 楽天5割復帰、今野プロ初勝利 ロッテ連勝止まる”. 日刊スポーツ (2019年5月18日). 2019年10月25日閲覧。
  24. ^ 【楽天】5月に長男が誕生したばかり…戦力外の今野は「家族のためにも」と現役続行に意欲”. スポーツ報知 (2019年10月18日). 2019年10月25日閲覧。
  25. ^ 選手獲得のお知らせ”. 東京ヤクルトスワローズ (2019年11月13日). 2019年11月13日閲覧。
  26. ^ 自由契約選手 2019年度 NPB日本野球機構
  27. ^ 楽天戦力外の今野、ヤクルトと年俸600万で契約”. 日刊スポーツ (2019年12月4日). 2019年12月4日閲覧。
  28. ^ ヤクルト今野200万増「投げる喜びうれしかった」”. 日刊スポーツ (2020年12月8日). 2021年1月18日閲覧。

関連項目[編集]