仏教系大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仏教系大学(ぶっきょうけいだいがく)とは、伝統宗教である仏教系の宗教団体が設立した大学である。

概要[編集]

その性質上、古くは僧侶養成に重点が置かれていたが、信徒の教養教育、技芸教育にも力を入れるようになり、人文系、福祉系、教育系、医療系などの学部を有する。

沿革[編集]

インドにて、上記の目的を達成するため、治世者の援助で、ナーランダ大学ヴィクラマシーラ大学などが設立され、法顕玄奘などが遊学している。

東南アジア各国[編集]

タイミャンマースリランカなど、テーラワーダ仏教国では、国立や寺院立の大学が、後継者育成のために設立されている。

日本[編集]

平安時代初期に、一般大衆向けの綜藝種智院が設立されたが、空海滅後に衰微し、比叡山高野山などで僧侶養成のカリキュラムが構築された。

室町時代後期から江戸期にかけ、各宗派で檀林と呼ばれる僧侶養成機関が設立され、明治維新学制改革を経て、今日の新制大学に至る。これらの大学は仏教系大学会議を結成し、音楽祭や単位互換制度、図書館相互利用制度などの交流活動を行っている。

設立の経緯から仏教学部仏教学科を擁している場合が多く、佛教大学のように、名称に仏教を冠している大学もある(四天王寺大学も、2007年度まで四天王寺国際仏教大学を名乗っていた)。

戦後すぐまでの学生の割合は、寺院の後継者がほとんどであったが、2012年現在においては、一般家庭出身者の割合の方が高い。

ミッション系大学に対抗して「シャクソン系大学」(釈尊系)という呼び方も一部にある。

台湾[編集]

国民党の統治開始以降、大陸から渡来した僧侶らによって、佛光山法鼓山など各宗派が設立された後、後継者の育成、信徒の技芸教育のため、大学が設立され始めた。

韓国[編集]

日本の統治終了後に復活した曹渓宗などの諸宗派によって、後継者の育成、一般の人々の技芸教育のため、東国大学校などの大学が設立され始めた。

欧米各国[編集]

欧米各国に伝道した各宗派によって、大学がそれぞれ設立されている事例が見られる。

各国の仏教系大学[編集]

日本の仏教系大学[編集]

平安時代より前の仏教[編集]

天台宗系[編集]

真言宗系[編集]

浄土宗系[編集]

浄土真宗系[編集]

曹洞宗系[編集]

臨済宗・黄檗宗系[編集]

法華宗系[編集]

超宗派系[編集]

その他、仏教精神を冠する大学[編集]

インドの仏教系大学[編集]

  • 新ナーランダ大学 - 州立[3]

スリランカの仏教系大学[編集]

  • パーリ仏教大学

タイの仏教系大学[編集]

ミャンマーの仏教系大学[編集]

  • 国際仏教大学 (ミャンマー) - 国立

韓国の仏教系大学[編集]

台湾の仏教系大学[編集]

アメリカの仏教系大学[編集]

オーストラリアの仏教系大学[編集]

  • 南天大学 - 佛光山立[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]