仏滅そだち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
仏滅そだち
とんねるずスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント
とんねるず アルバム 年表
成増
1985年
仏滅そだち
(1985年)
自歌自賛 ザ・ベスト・オブとんねるず
1986年
『仏滅そだち』収録のシングル
  1. 青年の主張
    リリース: 1985年4月21日
テンプレートを表示

仏滅そだち」(ぶつめつそだち)は、日本のお笑いコンビ、とんねるずの2枚目のアルバム。1985年11月1日発売。ジャケットは『心霊写真』をイメージしている。

収録曲[編集]

  1. 角田さんのテーマ(おぅっ俺だよ)
    (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章) イントロで聞き取れないほどの小さな音量で石橋と木梨が言葉をつぶやいてるのが聞こえるが、突然「ボリューム触るんじゃねえよ!!」と大声で叫ぶ、というイタズラが仕掛けられている。
  2. 天使の恥骨 (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章)
  3. Shikato (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章) 佐野元春の世界観をモチーフ。佐野の名前も歌詞に出てくる。
  4. After Summer (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章)
  5. 仏滅そだち(Who Am I) (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章)
  6. 青年の主張(New Version) (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章)
  7. チェックのシャツでボンヨヨヨーン (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章) チェッカーズの世界観をモチーフ。出だしは「ジュリアに傷心」のメロディに似せている。
  8. フォーカスされたい (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章) 写真週刊誌をテーマに制作。
  9. 18金の夜 (作詞:秋元康、作曲・編曲:見岳章)