仏種姓経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仏種姓経[1](ぶっしゅしょうきょう、: Buddha-vaṃsaブッダ・ヴァンサ)とは、パーリ仏典経蔵小部の第11経。

25人の過去仏の種姓・因縁・一代記についての詩[2]。十波羅蜜が挙げられる。

構成[編集]

全29章から成る。

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『南伝大蔵経』
  2. ^ 原始仏教聖典資料による釈尊伝の研究 - 中央学術研究所

関連項目[編集]