他力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

他力(たりき)は、仏教用語で、衆生悟りに導く菩薩の力、仏・菩薩の加護のこと。特に、浄土門では阿弥陀仏の力、弥陀の本願力を指す[1]。弥陀(他力)の本願とは一切の衆生を救おうとすることであると解されている[1]浄土宗浄土真宗でも「他力」の「他」とは阿弥陀如来を指し、「力」とは如来の本願力(はたらき)をいう[2]

日常語としては、自分以外のものの力や、他人の助力を指すが[1]、『岩波仏教辞典』では「語の本来の用法からして誤解である」[3]、『大辞泉』でも「(誤用が定着したものか)」と記されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 松村明・監修、小学館国語辞典編集部・編 『大辞泉』第二版下巻 小学館、2012年11月、p.2281。
  2. ^ 『大辞泉』「他力」、『広辞苑』第五版、「他力」を参照。
  3. ^ 『岩波仏教辞典』第二版、p.689 「他力本願」。

関連項目[編集]