付け句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

付け句(つけく)は、連歌俳諧連歌における遊戯的な文芸のひとつ。

連歌、俳諧連歌は本来、発句から始めて参加者が交互に下の句を続けていく集団文芸であるが、逆に下の句(七・七)のお題を用意し、気の利いた上の句(五・七・五)を考えて技巧を競う(前句付け)。付け句から発展した文芸が川柳である。

関連項目[編集]