仙北街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仙北街道(せんぼくかいどう)は、奥州街道水沢宿(岩手県奥州市水沢)からと秋田県の仙北地方(横手方面)を結ぶ街道。

概要[編集]

奥州街道から水沢(仙台藩)で分かれて、奥羽山脈を越えた後、秋田の仙北三郡に達する道で、秋田側では「手倉越え」「仙北道」、伊達領に通じる道であるから、「せんだい道」「みずさわ道」などと呼んだ。

岩手県奥州市胆沢下嵐江(オロセ)と秋田県雄勝郡東成瀬村手倉を結ぶ古道は栗駒山・栃ケ森森林生態系保護地域を貫通し、大部分がブナ原生林の中にある。現在もなお開発から逃れて、ほぼ昔のまま現存している。

宿場・番所[編集]

  • 市野々(岩手県奥州市)
  • 市野々番所
  • 下嵐江(岩手県奥州市)

[編集]


関連項目[編集]