仙台市教育委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Sendai, Miyagi.svg 仙台市の行政官庁
仙台市教育委員会
役職
教育長 佐々木洋
教育長職務代理者 吉田利広
概要
所在地 宮城県仙台市青葉区上杉一丁目5番12号 上杉分庁舎14F
ウェブサイト
仙台市教育委員会ホームページ
テンプレートを表示

仙台市教育委員会(せんだいしきょういくいいんかい)は、仙台市上杉分庁舎に拠点を置く、仙台市の組織。仙台市内の教育に関連した調査などを行う行政委員会である。

概要[編集]

組織は総務企画部・学校教育部・生涯学習部など分かれており、業務によって課などに分けられている。教育委員会会議の開催のほか、いじめへの対策として意識調査を実施、さらに学校の合併や新設などを行っている。

本市教育委員会の事務局機能を担う「仙台市教育委員会事務局」は、市教育局に内包されている形を取っている。

市内の各小学校・中学校を管轄しているが、この他、仙台市立仙台青陵中等教育学校仙台市立鶴谷特別支援学校仙台市立仙台高等学校仙台市立仙台商業高等学校仙台市立仙台工業高等学校仙台市立仙台大志高等学校など、中等教育学校高等学校特別支援学校なども、宮城県ではなく、仙台市で管轄している学校をいくつか抱えている。

2004年から管轄する小学校・中学校へ教員補助の大学生ボランティアを派遣する「学生サポートスタッフ事業」を行っている。派遣されるのは宮城教育大学など教員を目指す学生だけでなく、仙台大学の学生を部活動の補助へ派遣することもある[1]

いじめ自殺[編集]

仙台市では、2014年、2016年といじめ自殺事件が続いていたが、2017年4月26日にも中学2年生男子の飛びおり自殺があり、仙台市教育委員会のいじめに対しての対応が批判されている。また仙台市長は前教育長であり、現教育長在任中に3回の自殺があるという異常な状況にある[2][3][4]

  • 2014年9月、いじめを苦に泉区の館中学校1年の男子生徒が自殺した事件の際には、学校側は「転校した」と虚偽説明し、仙台市教育委員会も1年近くいじめ自殺を公表していなかった。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 大学生・教員・子どもに果実 派遣事業10年 - 河北新報
  2. ^ http://www.media-japan.info/?p=4318
  3. ^ https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/325122
  4. ^ http://ox-tv.jp/nc/smp/article.aspx?d=20170206&no=33