仙台市立荒浜小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仙台市立荒浜小学校
仙台市立荒浜小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 仙台市
設立年月日 1873年7月10日
閉校年月日 2016年3月31日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 984-0844
仙台市若林区荒浜字新堀端32-1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

仙台市立荒浜小学校(せんだいしりつ あらはましょうがっこう)は、かつて宮城県仙台市若林区に存在した公立小学校である。校舎は2011年の東日本大震災で被災し損傷。2017年5月より震災遺構として公開されている。

概要[編集]

仙台市の東部に位置する田園地帯であり、東に貞山堀深沼海水浴場がある。

所在地[編集]

  • 宮城県仙台市若林区荒浜字新堀端32-1

沿革[編集]

  • 1873年明治6年)7月10日 - 第8小学校区荒浜小学校として開校
  • 1884年(明治17年)10月 - 宮城郡荒浜小学校に改称
  • 1885年(明治18年)12月 - 荒浜中初等小学校に改称
  • 1886年(明治19年)11月12日 - 荒浜北丁2に校舎新築移転し、荒浜尋常小学校に改称
  • 1889年(明治22年)7月 - 七郷小学校分場となる
  • 1891年(明治24年)7月15日 - 荒浜尋常小学校として独立
  • 1912年大正元年)9月 - 現在地に移転
  • 1941年昭和16年)
    • 4月1日 - 宮城郡荒浜国民学校と改称
    • 9月15日 - 仙台市に合併して仙台市立荒浜国民学校に改称
  • 1947年4月1日 - 仙台市立荒浜小学校に改称
  • 2011年平成23年)3月11日 - 東日本大震災により津波の被害にあう。
東宮城野小学校を間借りしての授業となった。

学区[編集]

  • 荒浜地区[1]

卒業後[編集]

統合[編集]

東日本大震災の影響で校舎が使用できなくなり、学区内のほとんどが災害危険区域に指定され、児童数の減少が続いていることから、2016年3月をもって閉校し、近隣の七郷小学校への統合が決まった[2]

校舎[編集]

荒浜小学校の校舎を震災遺構として保存し、2017年4月30日より一般公開を行っている[3][4]

2018年5月には、国際連合事務総長特別代表水鳥真美が視察に訪れた[5]

出典[編集]

関連項目[編集]